乗り物

なんとあの「デロリアン」を再び新車で購入できる可能性が浮上、2017年にも実現かも


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでおなじみの自動車、デロリアンを再び新車で手に入れるチャンスが到来するかもしれないことがわかりました。

DeLoreans to go back to the future and into production
http://www.click2houston.com/news/deloreans-to-go-back-to-the-future-and-into-production

DeLorean Motor Company | The Best Source for your DeLorean
http://www.delorean.com/

突如降ってわいたような復活のウワサは、アメリカで新たな法律が制定されたことで真実味を帯びるようになっています。自動車に求められる安全基準は年を追うごとに厳しいものになっており、基準の緩かった時代の自動車を現代の基準で再登場させることは非常に難しいのですが、「25年以上前に生産された自動車と共通した外観を持つ『レプリカ』の車両」に限ってこの安全基準が免除されるという法律が制定されたことから、デロリアンをはじめとするクラシックカーの名車に復活のチャンスが巡ってきたというわけです。

デロリアンは1981年に登場した自動車で、実は「DMC-12」という正式名称を持つ車です。総ステンレス製のボディ外板には、研磨による独特のヘアライン加工を施され、上向きに跳ね上がるガルウィングドアなど、未来感あふれるスタイルが特徴で、1985年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で世界的な知名度を獲得することになりました。

By Tennen-Gas

DMC-12をデビューさせたデロリアン社でしたが、低調なセールスや創業者の逮捕問題などを経て1982年に倒産。その後はデロリアン・モーター・カンパニーとして生まれ変わり、2016年現在は豊富にストックする補修用パーツやギフトを世界中のデロリアンオーナーやファンに販売する事業を行っています。

現デロリアン社を率いるスティーブン・ウィンCEOは「これは素晴らしいことです。私たちにとっては、ゲームチェンジャーとなる出来事です。これをずっと待ち望んでいました」と、法整備によってもたらされたチャンスについて語っています。これまでは不可能だった再生産についても「これで再生産への青信号がともりました。これまでは禁止されていたのです。再生産は法律に違反する行為だったのです」と、道が開けた様子を語っています。


今回制定された法律は、あくまで車体に関する安全基準を免除するという内容であり、別の大きな基準である「排気ガス規制」は現代の基準をクリアする必要があるとのこと。これはつまり、小規模メーカーとなるデロリアン社にとっては新たにエンジンを調達する必要が出てくることになるのですが、これはむしろデロリアンの魅力をアップさせる要因につながるかもしれません。

1981年当時のデロリアンは、わずか130馬力程度の非力なエンジンを積んでおり、見た目に反する「控えめ」なパワーに不満を示すオーナーも多かったとのこと。しかし、新たにエンジンを探し直すことになれば、現代の技術を搭載した高効率でハイパワーなエンジンを搭載できるということになるのです。ウィンCEOは300馬力から400馬力程度のエンジンを採用することも視野に入れているといいます。


また、タイヤ・ホイール周りも現代の標準にアップグレードされることになるかも。当時の自動車は14インチや15インチというタイヤサイズが主流でしたが、2016年現在ではそのサイズでハイパフォーマンスを実現するタイヤを見つけることは難しいのがその主な理由とのこと。再登場する際には18インチや19インチといった現代的なホイールとタイヤをまとうことになる可能性が高そうですが、一方では、昔のデロリアンのスタイルを重視する人からは「コレジャナイ」と残念がる声が挙がることも想像できます。

現時点でデロリアン社は、完成車に換算して300台分程度のパーツを在庫しているとのこと。ウィンCEOは「新生デロリアン」の登場を2017年に見据えており、気になる価格は8万ドルから10万ドル以下(950万円~1180万円以下)にターゲットを定めているとのこと。文字どおりデロリアンが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」することに期待してしまいそうです。

・2016/02/05 11:15 追記
デロリアン・モーター・カンパニーによる「新生デロリアン」のイメージムービーが公開されました。

DeLorean Motor Company's "Lucky Coin" - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
思わず目頭が熱くなるファン自作のタイムマシン「デロリアン」(1985年仕様) - GIGAZINE

「デロリアンではなく冷蔵庫」などファンでもたぶん知らない「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の9つのこと - GIGAZINE

生粋のデロリアン好きが作った予告編風短編映像「The Delorean Outfit」 - GIGAZINE

全自動でドリフト走行できるデロリアン「MARTY」をスタンフォード大学が公開 - GIGAZINE

どう見てもデロリアンなホバークラフトが海上を疾走するムービー - GIGAZINE

エンジンを2個積んだツインエンジン・デロリアン - GIGAZINE

Googleがツイートでタイムマシンの設計図を流出させるアクシデントが発生 - GIGAZINE

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」30周年で脚本のボブ・ゲイルが赤裸々に語る - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.