サイエンス

各個人が固有で持ち、指紋やDNAのように個人を特定できる「微生物雲」とは?

By Ted Van Pelt

個々人が特有に持っている指紋に加え、近年ではDNAの解析結果を取り入れた犯罪捜査が行われるようになりましたが、今後は「微生物」を解析する捜査手段が用いられることになるかもしれません。オレゴン大学が発表した研究結果によると、人はそれぞれ固有の「微生物雲」を体の周囲に発生させており、これを解析することで個人を特定することが可能になるかもしれないそうです。

Humans differ in their personal microbial cloud [PeerJ]
https://peerj.com/articles/1258/

Your 'Microbial Cloud' Is Like a Floating, Invisible Fingerprint | Motherboard
http://motherboard.vice.com/read/your-microbial-cloud-is-like-a-floating-invisible-fingerprint

人間の体内に存在する細菌の集合体「細菌叢(さいきんそう)」は個人ごとに特有のパターンがあることがわかっており、特に腸の中で多くの細菌がバランスを取り合いながら共存する「腸内フローラ」が人間の心理や行動に影響を与えていることなどが徐々に明らかになっています。

細菌叢に含まれる微生物は、活動に伴って何百万個という物質(バクテリア)を周囲の空気中に放出しているのですが、その物質の集合体「微生物雲(microbial cloud)」には個人ごとに特有のパターン「微生物雲シグネチャー」が存在していることが明らかにされました。


この研究を行ったオレゴン大学の研究チームは、細菌叢が人間を取り巻く環境に与える影響についての調査を実施。実験に参加した11名の被験者は、タンクトップとショーツだけを身に付けた状態でそれぞれ消毒された実験棟の中に入り、一定の時間をその中で過ごします。研究チームは、その室内の空気中に存在するバクテリアを採取して分析を行うことで、微生物雲のデータを収集しました。

その結果、人間は1時間あたり100万個のバクテリアを空気中に放出しており、実験開始から4時間程度でそれぞれの被験者を明確に区別できるほどの特徴を持つパターンが確認されたとのこと。確認されたバクテリアは連鎖球菌やプロピオン酸菌属、コリネバクテリウム属に含まれるものだったそうです。


今回の結果は、実験用に消毒された環境の中で行われたものですが、今後は自宅の部屋やオフィスなど、実際に人々が生活を送っている場所での研究を進めることになる模様。また、一定の期間でどのように微生物雲が変化し、どの程度残留するのか、そして複数の人物が同じ空間にいた場合の影響などについても研究が行われる見込みとのこと。まだまだこれから研究が進められる分野ですが、さらに技術が確立すると微生物雲の痕跡が事件の捜査に役立てられるような時代がやってくるのかもしれません。

・関連記事
不安やうつは腸の状態と関係あり、腸内バクテリアが変われば行動も変わる - GIGAZINE

「頭を悪くさせるウイルス」に44%の人が感染していたという事実が発覚 - GIGAZINE

電気だけを食べて生きられるバクテリアとは? - GIGAZINE

何を食べたいと思うかは胃腸の中のバクテリアが影響を与えているという研究報告 - GIGAZINE

アレルギーやぜん息を起こさないようにするには「農場に行くこと」が有効? - GIGAZINE

地球外生物の虫が地球の大気に存在するという説が発表されました - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logx_tm