ウェブアプリ

「google.com」をわずか1分で占領することに成功してしまった男


Googleのあらゆるサービスに使われているドメイン「google.com」が、Googleのドメイン登録サービスGoogle Domainsを経由して一般人に取得されてしまうという出来事が発生しました。

How I Ended Up Purchasing & Owning Google.com via Google Domains | Sanmay Ved | LinkedIn
https://www.linkedin.com/pulse/i-purchased-domain-googlecom-via-google-domains-sanmay-ved


元Google社員のSanmay Vedさんはある日、Googleのドメイン登録サービス「Google Domains」のインターフェースをしげしげと観察していて、思いつきで「google.com」ドメインを入手可能かどうか検索してみました。すると、驚くことに結果画面には「google.comを取得可能」と表示されました。


続いて、ドメインを取得可能な場合にのみ表示される「カートに追加する」ボタンをクリックすると、google.comドメインに緑のチェックマークが付いて、Sanmayさんの買い物カートにgoogle.comが追加されたそうです。


Sanmayさんは元Google社員として「購入画面で何らかのエラーが出て購入手続きが止まって欲しい」と思ったそうですが、実際にはgoogle.comドメインの購入が完了してSanmayさんのクレジットカードから代金12ドル(約1400円)が引き落とされたとのこと。以下のスクリーンショットはカード会社から届いた決済完了に関するメッセージです。


購入を終えると、Sanmayさんの元に「sc-noreply@google.com」と「wmt-noreply@google.com」からそれぞれメールが届いたそうです。メールの内容はgoogle.comドメインに関係するもので、通常Google Domainsでドメインを購入した際に届くメールとは違ったそうです。なお、購入までにかかった時間はわずか1分程度だったとSanmayさんはコメントしています。

さらに、SanmayさんのGoogleサーチコンソール(Googleウェブマスターツール)に自動更新が適用されて、Googleサイトを使ったさまざまなウェブサイトのオーナー権が変更された際に、Sanmayさんの元に通知が届くようになったとのこと。


google.comドメインの入手に成功したSanmayさんですが、その後すぐにGoogle Domainsからgoogle.comドメインの注文取り消しを知らせるメールが届いたそうです。


SanmayさんがGoogle Domainsの注文履歴ページを確認してみると、「google.com」の注文はキャンセルされ、ドメイン代が返金された旨が表示されていたとのこと。注文の詳細を表示すると、「あなたの注文を受領する前に他の人がドメインを取得したため、あなたの注文は失敗しました」というメッセージが表示されていたそうです。


メッセージが届いた後にGoogle Domainsで再び「google.com」を検索してみても、「利用不可」となっていたとのこと。


Sanmayさんは「Googleがなぜgoogle.comドメインのオーナー権を失ってしまったのか分からない」と語り、Google Securityに通報したところ、Google側からドメインの問題を確認したと返答があったそうです。なお、2003年にはMicrosoftがイギリス国内のHotmailドメイン「hotmail.co.uk」の更新手続きを忘れてしまい、イギリスのドメインレジストラNominetがドメインを取得したという出来事も起こっています。

・2016/02/01 10:31追記
この件は、Googleではバグとして扱われて、Sanmayさんにはバグ発見の報奨金が支払われることになっていました。Sanmayさんはこの報奨金を慈善事業に全額寄付しましたが、その額は「1万ドル以上」としか明かしていませんでした。

Google rewarded the guy who bought Google.com - Business Insider
http://www.businessinsider.com/google-rewarded-the-guy-who-bought-googlecom-2015-10

しかしこのたび、Googleが2016年1月末に発表した2015年のバグ発見報奨金プログラムに関するレポートにおいて、報奨金が当初は「6006ドル13セント」(約73万円)であったことと、Sanmayさんが全額を寄付する意向であったことから、Googleは倍の約1万2000ドル(約145万円)を支払ったことが明らかになりました。

by Pictures of Money

Google Online Security Blog: Google Security Rewards - 2015 Year in Review
https://googleonlinesecurity.blogspot.mx/2016/01/google-security-rewards-2015-year-in.html

・関連記事
安全なドメインを手に入れるためには何を考慮すればいいのか - GIGAZINE

「.osaka」ドメインは利益の半分を寄付、GIGAZINEが寄付先を決める有識者会議の一員として参加することに - GIGAZINE

猫好きなら取っておきたい「.cat」など、世界中のドメイン400種類がオンラインから申込可能に - GIGAZINE

最新の取得可能な短いURLを探すことができる「Short Domain Search」 - GIGAZINE

Googleに競り勝ちトップレベルドメイン「.buy」をゲットしたのはAmazon - GIGAZINE

あなたはいくつ知っていますか?ものすごく古くから登録されて使われ続けている由緒正しきドメイン名トップ100 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log