ムービー

75歳の身体がどのような動きになるのか実体験できる外骨格ロボスーツ


年を取ると身体機能が衰えていくものですが、若いときには「今と比べてどれぐらい衰えるのか」というのがわかりません。それを体感できる「インスタントエイジングスーツ」という外骨格ロボットスーツをThe Atlanticのジェームズ・ハンブリンさんが着用したムービーが公開されています。

If You're Taking Youth For Granted, Try This Instant-Aging Suit - YouTube


If You're Taking Youth For Granted, Try This Instant-Aging Suit - The Atlantic
http://www.theatlantic.com/video/index/399995/instant-aging-suit/

映像の冒頭で出てきたのは、ロボットスーツを着用してぎこちなく歩くハンブリンさんの姿。


これは「If Our Bodies Could Talk(もし私たちの体が話せたなら)」というシリーズのうちの1本。


アメリカの65歳以上の人口は、2010年に4000万人を突破し、2040年には8000万人を越える見込みです。


では75歳になるとどうなるのかを体感してみよう、ということで行われたのがこの企画。スーツの重さは40ポンド(約18kg)ほどです。


身体の機能だけではなく、ヘルメットに着けられたゴーグルとヘッドホンで、視力と聴力もコントロールされます。


システムのスイッチを入れると……


「視界がトンネルの中にいるみたいに暗くなった」とハンブリンさん。


腕も足も動かすのに一苦労。ウォーキングマシンの上を歩いてみての感想は「まるで深い雪の中を歩いているみたい」というものでした。


スーツを着用したまま外に出たハンブリンさんは、老体の大変さが身に染みたのか、通りすがりの女性たちに「若さを楽しみたまえ!」とコメント。「ハンブリンおじいちゃん、バイバイ」と軽く流されていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
写真の中の顔が老化してひとりでに動き出したり言葉を発するアプリ「Oldify」 - GIGAZINE

「老化を遅らせる」という究極の長寿実現のための世界最大の遺伝子研究 - GIGAZINE

60歳の高齢者が20歳の若者に戻ることに匹敵する「若返り」がネズミによる実験で成功 - GIGAZINE

医療方針のパラダイムシフト「加齢を遅らせて病気をおこさせない」という方法論 - GIGAZINE

「加齢による衰え」について信じられている6つの誤った通説について - GIGAZINE

老化を防ぐために食べるのを控えるべき11の食べ物や飲み物 - GIGAZINE

世界で初めて加齢に伴う視力喪失患者への人工網膜デバイス移植に成功 - GIGAZINE

あなたの視力を救う6つの食べ物 - GIGAZINE

Googleが老化現象や老齢疾患に立ち向かう新会社「Calico」設立を発表 - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.