ムービー

発売間近の「Apple Watch」がどんな端末なのかが一発で分かるApple公式使い方ガイドムービーが登場


いよいよ2015年4月10日の予約・24日の発売を控えたApple Watchの使い方を説明するガイドムービーが公開されました。「Apple Watchがこんなハードウェアなのだな」ということが一発で分かるようになっており、Apple Watchを購入を考えている人にとっても、まだ予定がない人にとっても、見ていて損はない内容となっています。

Apple - Apple Watch - Guided Tours
http://www.apple.com/watch/guided-tours/

見れば一発で使い方が理解できるApple Watchのガイドムービーはこんな感じ。

Apple Watch — Guided Tour: Welcome - YouTube


Apple Watchはこれまででもっともパーソナルなウェアラブルデバイスです。


iPhoneとシームレスな連携が可能。そして、iPhoneとはまったく異なる新しい体験を実現できます。この小さな筐体に驚くべきテクノロジーが詰め込まれています。


Apple Watchは移動時でも非常に簡単に操作可能。


電話をすぐに受けることができ……


色んなアプリを起動させることもできます。


基本画面(ホーム画面)の時計モードから……


メールなどの各種通知を確認することが可能。


心拍計や……


カロリー消費量や……


フィットネスガイドアプリが多数そろえられています。


では、Apple Watchの具体的な使い方を見ていきましょう。


時刻を確認するのにタッチ操作は不要。手首を持ち上げるだけで時計画面が現れます。


そして手を下ろせば自動的にスリープモードへ移行します。


ホーム画面の時刻モードから他の情報へアクセスできます。


例えば右上にお天気情報。


下にはカレンダー。


左上にはフィットネス情報のスナップショットアイコン。もちろん、これらのアイコンは自分好みにカスタマイズできます。


各種情報へはディスプレイを軽くタップするだけでアクセスできます。


デジタルクラウン(竜頭)を挟み込むように押すと……


ホーム画面に戻ります。


Apple Watchの基本的な操作法はスワイプ。


画面下端から上方向にスワイプすれば設定しているアプリを立ち上げられます。


画面を左右にスワイプすれば、使ったアプリの履歴が表示されます。


画面上端から下方向にスワイプすると……


通知を見ることができます。


画面スクロールはタッチ操作だけでなくデジタルクラウンでもOK。


ホーム画面でデジタルクラウンを押すと……


アプリ選択画面に切り替わります。


デジタルクラウンこそApple Watchの操作性を高める革新的な装置。プッシュボタンとしてだけでなく……


スクロール操作が可能。


ゆっくりスクロールしたり、高速スクロールしたりできます。


さらにさまざまな設定を調整するのにも使えます。


数値を入力せずに、デジタルクラウンで指定する方が直感的で楽というわけです。


小さな画面ではピンチ操作は難しいので……


デジタルクラウンで拡大・縮小することができます。


さらにデジタルクラウンを長押しすると……


音声アシスタントのSiriが起動します。


もちろん音声コマンドに対応。


「Bobにメールを送るのを後で教えて」と話しかけると……


メール送信リマインダーの設定ができました。


そして、Apple Watchには「Force Touch」技術にも対応。


画面を強く押し込むと圧力を検知して、隠された画面を表示できます。


地図アプリでForce Touchを使うと……


検索画面に切り替わり……


メッセージアプリでは……


返信オプションが起動します。


Apple Watchにはデジタルクラウン以外にも物理ボタンが1つ用意されています。


このボタンを長押しすると……


あなたの最も大切な人に即、アクセスできます。


デジタルクラウンで選んで……


電話をかけたりメッセージを送ったりできます。さらに、真ん中のアイコンをタップすると……


心拍数を共有したりできます。


なお、Apple Watchの専用サイトには、Siriの使い方、地図アプリの使い方、音楽アプリの使い方、Apple Payの使い方など、Apple Watchでできるさまざまな利用シーンを解説するムービーが、近日公開される予定です。

Apple - Apple Watch - Guided Tours
http://www.apple.com/watch/guided-tours/


Apple Watchは2015年4月10日午後4時1分から予約注文を開始し、24日に発売予定です。

・おまけ
なお、スイスでは知的財産権の関係で「Apple」という文字やリンゴのイメージを時計に用いることは2015年12月5日までは不可とのことなので、AppleがスイスでのApple Watchの販売をどのようにするのかも注目です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Apple Watch」は一体何の役に立って便利なのか?が一発で理解できるApple公式ムービー登場 - GIGAZINE

Apple製スマートウォッチ「Apple Watch」で知っておくべき11のこと - GIGAZINE

「Apple Watch」の日本での価格や全38モデルの詳細まとめ、200万円超のモデルも - GIGAZINE

「Apple Watch」の容量は8GBなのに保存可能なのは音楽2GB、写真75MBまで - GIGAZINE

Apple Watchのバッテリーはどれくらい持つのか詳細が判明 - GIGAZINE

実物の「Apple Watch」を動かした感じがよくわかるムービーレビューまとめ - GIGAZINE

18KのApple Watchの発売で「ジュエリーストア」へ変化するApple Store - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.