試食

羊がつぶらな瞳で見てくるケーキ「福未」を食べてみた


2015年の干支であるヒツジにちなんで、東京・丸の内にある東京會舘のスウィートプラザで「福未」というケーキが1月限定で販売されています。見た目がかわいらしく、気になるケーキだったので、買って食べてみることにしました。

東京會舘|ショップ&サービス
http://www.kaikan.co.jp/shop_service/sweetplaza/

明けましておめでとうございます。今年の干支、ひつじにちなんだ「福未」販売中です。なめらかなマロンムースの中にアプリコットジャムを使用したケーキです。 pic.twitter.com/e5GZO7htzl

— 東京會舘 Sweet Plaza (@TK_SweetPlaza)

皇居の馬場先門前に到着


そこから日比谷通りを振り返ったところにある建物が東京會舘(写真中央)。左は商工会議所、右は帝国劇場です。


日比谷駅のB5出口が東京會舘直結です。


駅名表記がちょっと古いデザインでした。


地下鉄の出口は確かに「東京會舘の中」にあるのですが、建物の入口は日比谷通り沿いにはありません。


入口は帝国劇場との間の通りに面したところにあります。


入って左手にあるのがスウィートプラザ。


ショーケースの上に「干支菓子 福未」のパネルを発見。


ケースの中には福未が並んでいました。1つ税込540円です。


今回は白色とピンク色を1つずつ購入。見た目は異なりますが、味は同じです。


マロンムースの表面にチョコレートで顔が描かれたケーキは、渦巻き模様のついたクッキーが角を表現していて、ヒツジらしさはなかなかのもの。


箱から中をのぞき込むと、ちょっと首をかしげるようにこちらを見上げてきます。


しかし、気にせずにスプーンをズブリ。ムースの内側にはアプリコットソースが隠れています。甘いムースと甘酸っぱいソースが口の中で混ざり合って、紅茶が欲しくなります。


角を表現したクッキーのサクッとした食感がいいアクセント。全体的には甘みより酸味が勝っています。


どうも顔だけは食べづらかったので、最後に残して一口でペロリ。


スウィートプラザには他にもおいしそうなケーキが揃っていますが、この「福未」は1月限定だとのことなので、ぜひ今のうちに食べてみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
羊が待ち構えていて未年の初詣にピッタリな「羊神社」 - GIGAZINE

メロンパンではない「メロンパンケーキ」はどんな食べ物なのか?実際に試食してみました - GIGAZINE

6段重ねのパンケーキ「タワーパンケーキ」と「マンゴーパンケーキ」をデニーズで食べてきました - GIGAZINE

パンケーキが食べ放題のお店「ELK」でパンケーキを心ゆくまで食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.