メモ

HPがPC・プリンタ部門を切り離し分社化する見込み


コンピュータ関連製品大手のHP(ヒューレット・パッカード)が、PC・プリンタ部門とビジネス向けハードウェア・サービス部門の2つに分社化する見込みであると、Wall Street Journalが報じました。

HP、パソコン・プリンター事業の分離発表へ - WSJ
http://jp.wsj.com/news/articles/SB12645916890387823719904580196702000100516?mod=rss_Japan_Technology

HP Plans to Break Itself Into Two, Enterprise and PCs | Re/code
http://recode.net/2014/10/05/hp-returns-to-breakup-plan-it-shelved-three-years-ago/

分社化を行ったHPの目的は、プリンター事業を分離することで、近年、大きく成長しているビジネス向けのハードウェア・サービスへ経営資源を集中することにあるとみられています。なお、現・HPのメグ・ホイットマンCEOはPC・プリンタ事業の会長に就任し、ビジネス向けハードウェア・サービス事業のCEOにとどまる予定。

HPの事業再編に関しては、2011年にPC部門を分離・独立させる計画が発表されましたが、その後CEOに就任したメグ・ホイットマン態勢のもと、分離計画は中止となっていました。その後3年を経て、PC部門は統合されたプリンタ部門とともに分離されることになったようです。


近年、Facebook・Google・Amazonのように他社を相次いで買収して事業をより拡大させる企業がある一方で、広げすぎた事業を縮小して経営資源を選択・集中させる企業もあり、2014年9月30日にもインターネットオークションサイト大手のebayが電子決済サービスPayPalの分社化を発表しています。HPもコンシューマー向けPC・プリンタ事業を分離させることで、経営資源をビジネス向けサービスに集中させるものと考えられます。

HPの分社化に関しては、早ければ2014年10月6日(現地時間)に正式に発表され、10月8日にカリフォルニア州サンノゼで行われる金融アナリストとの会合で詳細な計画の説明がなされる予定です。

・関連記事
HPから激安Windows 8端末登場、タブレットは約1万円・PCは約2万円から - GIGAZINE

ソニーが「VAIO」ブランドのPC事業をJIPに譲渡したことを正式発表、2014年春モデルを最後にスマホとタブレットに集中へ - GIGAZINE

「マインクラフト」の開発元をあのMicrosoftが買収する見込み - GIGAZINE

AmazonがGoogleを退けてゲーム実況サービスTwitchの買収に逆転成功 - GIGAZINE

「Oculus Rift」がFacebookに約2000億円で買収されたことが判明、MinecraftがOculus Rift版開発から撤退へ - GIGAZINE

Googleに事業を買収される前に知っておきたかったこととは? - GIGAZINE

無償でHP製ノートPC付属のAC電源コード「LS-15」交換、確認方法まとめ - GIGAZINE

HP製プリンタの詰め替えインクのスポンジがどんどん小さくなってきている - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to