試食

「PARM カスタード」はプリン風のコクのある味わい


ノーマルバージョンのパルムといえば、バニラアイスをチョコレートでコーティングしたスティックタイプのアイスですが、3月10日(月)からは「PARM カスタード」が販売されています。表面のチョコの色も白色で、食材の味わいを引き立てる「エグロワイヤル」という卵を使った、いつもと違うPARMを食べてみたかったので、さっそく買ってみました。

〔PDF〕デイリープレミアム”アイスバー「PARM(パルム)」から新商品発売!コクのある濃厚なカスタードの味わい「PARM(パルム) カスタード」3月10 日(月)より全国で新発売!
http://www.morinagamilk.co.jp/download/index/10928/140310.pdf

PARM カスタードのパッケージは薄いからし色で、いつもの赤いパッケージとは違います。


パッケージの右下に「Custard カスタード」と書かれています。


「なめらかなカスタードアイスクリームと口どけの良いカスタード風味のチョコのパルム。」とのこと。


乳脂肪分は8%で原材料は乳製品・チョココーティング・砂糖・卵黄・水あめ・乳化剤・香料・安定剤(増粘多糖類)・カロチン色素(原材料の一部に大豆を含む)。


カロリーは1本当たり220kcalで、PARM チョコレート(232kcal)よりやや少なめ。


さっそく袋から取り出してみます。


コーティングはホワイトチョコレートっぽい雰囲気ですが、ほんのり卵黄が混じったような色です。


かじってみると、しっかりと卵の入ったカスタードの味が感じられ、プリンのような印象。パルムのウリであるアイスクリームのなめらかさ・口どけ・コクはチョコレート味と変わることはなく、少しリッチな味わい。甘過ぎないちょうどいい甘さに仕上がっていました。


表面のコーティングはホワイトチョコレートのような見た目ですが、あまりチョコレートの味がせずカスタードっぽい味。パリパリとした食感はせず、口に含むとすぐに溶けます。


なお、PARM カスタードは税込126円。PARMが好きな人やカスタードクリームの味が好きな人なら買って間違いないはずです。

・関連記事
カスタードクリームをドリンク化した「飲むカスタードシュークリーム」を飲んでみました - GIGAZINE

パンダの顔にかぶりつける「パンダ焼き」を上野公園で食べてきました - GIGAZINE

パンに塗っても食べられるグリコの「ホイップアイス」を食べてみました - GIGAZINE

ひよこのアイスなどが卵から出てくるサーティワンの「エッグカップサンデー」を食べてみました - GIGAZINE

ハーゲンダッツジャパン30周年記念商品の「サクラ」と「ローズ」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log