試食

甘酸っぱい3種のベリーと濃厚なマスカルポーネチーズが口の中でとろけていく「PARM ベリーのティラミス」試食レビュー


森永乳業のチョコレートアイスクリームバー「PARM(パルム)」に、マスカルポーネチーズを使用したチーズアイスとラズベリー・ストロベリー・カシスの3種のベリーの果汁を使ったミックスベリーアイスの「PARM ベリーのティラミス」が登場しました。名前のとおりティラミスのようなアイスクリームになっているのか、外側のチョコレートとの相性はどうなっているのか、実際に食べて確かめてみました。

「PARM(パルム) ベリーのティラミス(1本入り)」 「PARM(パルム) チョコレート&チョコレート ~厳選カカオ仕立て~(6本入り)」 4月6日(月)より全国にて同時発売 | ニュースリリース | 森永乳業株式会社
https://www.morinagamilk.co.jp/release/newsentry-3332.html

「PARM ベリーのティラミス」のパッケージはこんな感じ。ベリーをイメージさせる赤色が基調のどこか上品で高級感のあるデザイン。


パッケージ右上には、ストロベリーなどのベリーとティラミスがイメージ図として描かれています。


種類別はアイスクリームで、原材料は乳製品、いちごチョコレートコーティング(植物油脂、砂糖、乳糖、マルトデキストリン、ココアバター、いちごパウダー)、砂糖、水あめ、ラズベリー果汁、いちご果汁、卵黄、カシス果汁などで、ラズベリー・ストロベリー・カシスという3種のベリーの果汁が入っていることがわかります。一方、ティラミスといわれて連想する「コーヒー」は入っていません。


カロリーは1本90mlあたり203kcal。


開封してみると、大きさや形状はレギュラーのPARMと同等ですが、外側のストロベリーチョコがきれいなピンク色をしています。


包丁を入れた断面はこんな感じ。マスカルポーネチーズを使った白色のチーズアイスと、3種のベリー果汁を使った紫色のミックスベリーアイスが、マーブル模様のような渦を描いていました。


食べてみると、3種のベリー、特にカシスの上品な甘さと爽やかな酸味が口の中に広がりました。チーズアイスはクリーミーでコクのある味わいですが、くどい印象はありません。しかし、苦味が一切ないため、通常思い描くような「ティラミス」とはかけ離れている印象です。外側のストロベリーチョコもストロベリーの味わいが強く、全体的にかなりフルーティーなアイスになっていました。


「PARM ベリーのティラミス」は2020年4月6日(月)から全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入可能。希望小売価格は税別140円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
甘酸っぱいイチゴとふんわりクリーム&サクサクのパイ生地が積み重なるローソン「CUPKE(カプケ) 香ばしいパイのミルフィーユ」など新作3種試食レビュー - GIGAZINE

香り高い紅茶アイスやプニプニのタピオカ入り黒糖ソースなど4層を重ねた「明治 エッセル スーパーカップSweet’s タピオカ紅茶ラテ」を食べてみた - GIGAZINE

パイナップルの果肉入りで甘みと酸味が際立つ「シロノワール ジューシーパイン」はソースもクリームもパイナップル尽くしな一品 - GIGAZINE

スタバの「バリスタの頂点」が考案した「アイスムース カラメル ラテ」「ダブルショット カラメル ラテ」はどんな一杯なのか飲んでみた - GIGAZINE

芳醇なバナナとコク深いチョコレートの味わいが両立したビアードパパ「チョコバナナシュー」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.