成功した人たちが早起きして朝8時前にしていた5つの習慣とは?

By Silentmind8

早起きは、世界で活躍する企業のCEOや政府の高官、その他の有力者などに見られる共通点です。例えばイギリス初の女性首相となったマーガレット・サッチャー氏は毎朝午前5時に起きて一日の計画を立てたといわれますし、近代建築の三大巨匠と呼ばれるアメリカの建築家フランク・ロイド・ライト氏は午前4時、ウォルト・ディズニーのCEOであるロバート・アイガー氏も午前4時半という朝早くに起きる、とのこと。では、世界の偉人達はそんな朝早くに起きて一体何をする習慣を持っていたのでしょうか?

5 Things Super Successful People Do Before 8 AM - Forbes
http://www.forbes.com/sites/jennifercohen/2013/10/02/5-things-super-successful-people-do-before-8-am/

◆1:運動

By dalioPhoto

日常的に運動する人のほとんどが朝に運動しているといいます。ヨガ・ジム通い・ジョギングなど、仕事の前に行う運動は一日の活力や達成感の源になります。また、朝に200回腹筋をすると、しなかった場合よりもよりデスクワークに励むことができ、これらの朝の運動は仕事中のうたた寝防止にも効果的なようです。

「朝5時にジョギングをするなんて考えるだけでも嫌だ!」という人は、いつもより15分だけ早起きして、腕立て伏せやストレッチなどをするだけでもOK。それらの運動が体を起こし、一日のスタートに役立つことは間違いありません。

◆2:今日一日の計画を立てる

By Matt Biddulph

自分のポテンシャルを最大限に引き出す方法とは、一日の計画を立て、目標とやるべきことを明確にするというもの。朝は一日の中で最も静かな時間帯なので、その日の計画を立てるには最適です。優先的に行うべきタスクがあれば、朝の早い時間にそれを行うこともできるので、一日の仕事がはかどることにもなります。また、予定の中にやるべきタスクを全て詰め込んでしまっても、早起きすることで、長めの連続した時間をタスクにあてがうことが可能になります。

なお、一日のスケジュールを立てる際には自分のための安らぎの時間を設けることも必要。ストレスの多い会議の後には自分のデスクで10分ほど休憩したり瞑想したりする時間を設けてあげるとグッド。次の日もバリバリ働くためには、しっかりと食事の時間を用意しておくのがポイントです。

◆3:ヘルシーな朝食

By Avid Hills

朝、時間に余裕がない時はお腹が空いたまま急いで家を出て、そして職場に着いた頃には「早くお昼にならないかな……」と思っていることがないでしょうか?これは明らかに良くない習慣です。

朝は多めに時間を準備し、待ち受ける仕事に備えて十分な栄養を補給する必要アリ。朝食をとることは身体にとって健康的な行動というだけではなく、家族とつながるのにベストなタイミングにもなります。ほんの少しの時間でも朝食中に自分の子どもや配偶者としゃべることで、その日の活力を得られることになります。

By Matt

◆4:想像する

By Sarah Wampler

自分が特に気にしていなくても「健康」というワードは世の中にあふれかえっていますが、精神衛生面は見落とされがちです。この精神衛生的に良い行為として、心の中を整理したり想像したりして時間を過ごす、というものがあります。

その日の予定を思い浮かべ、それらを成功させるように想像をめぐらせる。心の中に思い浮かべるこの作業はちょうど1分くらいでOKで、ポジティブ思考が気持ちを前向きにしてくれ、さらに1日の仕事量の見込みもつくとのこと。この想像をめぐらす行為を行うのに最適な時間が静かな朝の時間帯というわけ。

◆5:一日の始めに1番重いタスクをもってくる

By Scott Maxworthy

誰しもToDoリストの中にはやりたくないけどやらなければいけない重いタスクを持っているものです。これはどれだけ引き延ばそうと四六時中のしかかり、そのタスクをこなすまではずっとストレスとしてつきまとってきます。このストレスへの簡単な対処法は、やりたくないタスクを一日の1番始めに処理してしまうというもの。

朝は(一般的には)最も安らかで活力のある時間帯なので、より難しい問題に取り組むには最適。そして一日の仕事はタスクをこなすごとに徐々に楽なものになっていく、と考えればOK。そうすれば仕事が終わった頃にはリラックスして、自由な時間もゆったりと取れることになります。

いきなり朝4時に起きようとしてもなかなか体がついていかないでしょうが、15~30分だけ早起きして、ストレッチや一日の予定を立ててみるのもアリな選択肢です。

By Daria

・関連記事
熟睡できず朝がつらい人必見、起床がラクになる7つのポイント - GIGAZINE

起床への執念を感じる目覚ましAndroidアプリ「MorningBomb」 - GIGAZINE

なぜ酒飲みは朝が苦手なのか?体内時計を狂わせるアルコールの効果が明らかに - GIGAZINE

起きるのがつらい冬の朝、目覚めてから布団から出るまでは全国平均13.3分 - GIGAZINE

どうして「朝立ち」が起きるのか? - GIGAZINE

277

in メモ, Posted by logu_ii