ムービー

「iOS 7」の新機能やデザインコンセプトが見てわかる高画質ムービー


iPhoneやiPadに搭載されている「iOS」の最新版「iOS 7」がWWDC2013の中で発表されました。このiOS 7は、Appleいわく「iPhoneが初登場したときと同じぐらい大きな変化があるものだ」とのことで、実際にどれぐらい変化しているのか、その新機能やデザインを詳しく見られるムービーがYouTubeで公開されています。

このムービー自体はWWDC2013の中でiOS 7の紹介ムービーとして使用されたものです。

Apple - iOS 7 - Introducing - HD - YouTube


「slide to unlock」の文字がアップになり……


そこから本体へ。


これがiOS 7になった時のホーム画面です


スッとスライドして現れたのは新設定画面


AirDrop・AirPlay・ライト・タイマー・電卓・カメラへのショートカットキーがついています


機内モード・WiFiのON/OFFなどの機能へのショートカットと、明るさ調整のスライダー、そして音楽再生時のメディアコントローラーが一体になっています。


ワールドクロック


世界各地の時間を表示


アラーム、「ON」や「OFF」といった文字はなく緑色になっていればONというわけ。


コンパス


電卓


カレンダー


こちらは月単位の表示


ToDoリスト


「Radio」も追加されました


これはメーラー


文字の大きさや幅、余白を再調整


アイコンも1からデザインし直しています


Safariのアイコンを始め、いろいろなアイコンを一新


その結果がこのホーム画面だというわけ。見覚えのあるアイコンばかりですが、かなり違った印象を受けます。


通知画面が表示されましたが、背景を微妙に透過していて、後ろのアイコンの影が見えています。


イメージ的にはこんな感じのレイヤーになっています。


これはメーラーでも同じ。


ソフトウェアキーボードの背後に写真が微妙に透けています


音楽のプレイリストだとアートワークがメニュー下に透けて見えるように。


天気予報だと、雪のところでは背景で雪が降っています。


たとえばホーム画面で家族の写真を壁紙に設定している場合……


壁紙がぺたっと平面に貼り付いているのではなく、iPhoneという額縁の向こうにあるかのような奥行きを感じます。


ブラウジングのときにも変化が。The Washington Postを閲覧中……


画面を下にスクロールさせてもアドレス部分がフロートして残ります


下部のメニューは……


スッと消えます。


ムービー再生時も邪魔にならないようにメニューを透過。


いろいろな見栄えを楽しむことができます


「iPhone登場以来の変化」と言うだけのことはあります。


カメラアプリもかなりの変化がある模様


このiOS 7をユーザーが触ることができるのは、今年の秋以降になりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iOS 7・Mac OS X Mavericks・新Mac Proが発表された「WWDC2013」情報まとめ - GIGAZINE

iOS 7や新Mac Pro・新MacBook Airなどの高解像度写真まとめ - GIGAZINE

「iOS 7」発表、iPhone登場以来最も大きく変化したその内容とは - GIGAZINE

iOS向けの新「Googleマップ」アプリで何が新しくできるようになったのか解説ムービーまとめ - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.