ハードウェア

指揮者のように空中で指を動かして操作するマウス「Mycestro」


デスクの上など2Dで操作するのでなく、まるで指揮者のように空中で指を動かして操作できる3Dマウスが「Mycestro」です。外出先などで十分なスペースが確保できなくてもマウスが使えるように、というアイデアを元に作られており、本体をストラップで指に装着し、PCとBluetoothで接続して使用します。

Mycestro™, The Next Generation 3D Mouse by Nick Mastandrea — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/mycestro/mycestrotm-the-next-generation-3d-mouse

Mycestroは手で持って操作するのではなく、指につけるマウス。


クリックの際は親指側にあるボタンを軽く押すだけでOK。


空中で指を動かすとセンサーが感知し画面上のカーソルが動くので、指揮者のように人差し指を動かしつつボタンを押すことでドラッグ&ドロップも可能です。


実際にマウスを使用している様子は以下のムービーから見ることができます。


こちらが開発を行っているNick Mastandreaさん。


装着したMycestroのボタンを押しつつ指を動かすと、青いライトが点灯。


Mycestroの側面には3つのボタンがあり、クリックや右クリックを行うことが可能です。


3つのボタンの上で指をスライドさせると、画面をスクロールできるようになっています。


PCとは約10mの範囲内でBluetooth接続し、充電はUSBで行います。なお、1度の充電で8時間の使用が可能。


インターネットを行う様子。


文章のコピー&ペーストも、もちろん簡単に行えます。


スクリーンに触ることなく、指を動かして画面をスライドさせることも可能。


人差指と親指をくっつけるタップ操作でゲームを行うこともできます。


ボタンをスライドさせてズームインやズームアウト。


使用する時はまず、マウスにクリップを取り付けます。クリップは指のサイズによって使い分けできるよう、2種類のものが存在。


クリップを取り付けたマウスを指にあて……


ストラップを指に巻きつければ準備OK。


これでマウスが使用できるようになります。


本体の色はホワイトのほか、シアンやマゼンダ、イエロー、ブラックもあります。


環境設定画面はこんな感じ。


なお、Mycestroは現在商品化のために出資を募っている最中なのですが、目標額10万ドル(約930万円)を既に達成しており、製品化はほぼ確実。79ドル(約7400円)以上の出資を行えばホワイトのMycestroを1個ゲット可能で、99ドル(約9200円)以上出資を行うとマゼンダ・シアン・イエロー・ブラックの4色から好きなものをチョイスできます。発送は2013年の10月を予定しており、アメリカ国外からの注文の場合、送料として別途10ドルが必要です。


なお、締切は日本時間の2013年3月30日午前4時となっています。

・つづき
指先を空中でちょちょいと動かすだけで寝転がっていてもマウスを置く場所がなくてもカーソルを動かせる「Mycestro」 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
11ボタンを備えサイズ、重量を変更できるマウス「Cyborg M.M.O.7 」レビュー - GIGAZINE

巨大で光って感覚が狂うビッグマウス「USB “BIG” MOUSE」を使ってみた - GIGAZINE

マウスでなぞった通りにスキャンできるマウス型スキャナ - GIGAZINE

本当に透明ガラス製マルチタッチキーボード&マウスを作ることが決定 - GIGAZINE

タブレットやスマホと相性がいいマイクロソフトの無線キーボード&マウス「Wedge Mobile Keyboard」と「Wedge Touch Mouse」を使ってみた - GIGAZINE

プレゼンのスライド操作もできる約25グラムの角形マウス「Cube」レビュー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.