ムービー

SpaceXの再利用可能ロケット「Grasshopper」が高度40mの垂直離着陸テストに成功


民間宇宙企業SpaceX社が開発を進めている垂直離着陸機(VTVL)Grasshopperの離陸&着陸テストがテキサス州で行われ、40mほど浮き上がったのち、そのまま垂直に着陸することに成功しました。SpaceX社では、貨物や宇宙船の打ち上げ用ロケットとしてファルコン9というロケットを実際に宇宙まで打ち上げていて、こちらも再利用を予定していたのですがこれまで回収は1度も成功していません。Grasshopperが完成すれば地球帰還後に着水するのではなく垂直着陸できるので、すぐに機体を次の打ち上げに使えるようになる予定です。

SpaceX
http://www.spacex.com/index.php



SpaceX’s Grasshopper successfully conducts a 40 meter leap | NASASpaceFlight.com
http://www.nasaspaceflight.com/2012/12/spacexs-grasshopper-conducts-40-meter-leap/



SpaceX launches its Grasshopper rocket on 12-story-high hop in Texas - Cosmic Log
http://cosmiclog.nbcnews.com/_news/2012/12/23/16114180-spacex-launches-its-grasshopper-rocket-on-12-story-high-hop-in-texas



こちらがマルチアングルで捉えたGrasshopperのテストフライト。

Multi-Angle: Grasshopper 12-Story Test Flight 12/17/12 - YouTube


Grasshopperはファルコン9の1段目ロケットを利用して作られています。


ロケットに点火の瞬間


打ち上げ自体はスペースシャトルと同じようにゆっくりと飛び上がっていきます。


ただ、打ち上げ台はありません。


40mほど浮き上がったところでGrasshopperは静止。


ファルコン9ロケットの打ち上げ自体はこれまでに4度成功していますが、Grasshopperの場合はここから着陸できるかどうかが問題。


ゆっくりとGrasshopperが降りてきました。


そして……


着地。ロケットの燃焼も停止しました。


煙が晴れると、元の位置からちょっとずれたところに着陸したGrasshopperの姿。テストフライトは成功です。


定点カメラの映像はこちら。

Single Camera: Grasshopper 12-Story Test Flight 12/17/12 - YouTube


空高く登っていく打ち上げ映像をイメージしてから見るとまるで失敗のように見えてしまうかも。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自作ロケットを地上36.8kmの上空まで飛ばし、成層圏の様子を撮影した映像 - GIGAZINE

従来の3倍のエンジンブースターを装備した商業用ロケット「Falcon Heavy」が1年以内に打ち上げ予定 - GIGAZINE

誰もが利用できる人工衛星で宇宙から写真撮影やツイートをするプロジェクト「SkyCube」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.