メモ

NTPサーバの一部が2000年に逆戻りしてしまう事態が発生

By ToniVC

年数の表記を西暦の下2桁のみで行っている一部のコンピュータで「2000年(00年)」を「1900年」と解釈してしまった結果、コンピュータが誤作動するという2000年問題は実際には杞憂に終わりましたが、その2000年問題がまるで2012年に起きてしまったかのように、アメリカのコンピューターの一部で突如時間が2000年にさかのぼってしまうという事態が生じました。

ISC Diary | Behind the Random NTP Bizarreness of Incorrect Year Being Set
http://isc.sans.edu/diary.html?n&storyid=14548


この原因はアメリカの多くの場面で時刻源とされているアメリカ海軍天文台のNTPサーバが異常を起こしたことにあります。アメリカ海軍天文台は原子時計によって計時された時報サービスを行っており、GPSシステムでも用いられているのですが、この天文台のコンピューターが突如として再起動し、時間が2000年にさかのぼってしまったのです。原因は不明で、一時的な異常のため現在は修復されているのですが、報告されているエラーにおいて個人のコンピューターは少ないため、もし自分のコンピューターでも問題があれば時刻を修正するかNTPサーバと同期させて下さい、とのことです。

By timsnell

アメリカ海軍天文台での時間はここから確認可能。


なお、現在は問題なく時刻を刻んでいます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows用高機能SNTPクライアント「USTDate」- GIGAZINE

NTPサーバに頼らずにパソコン内部時計を補正する方法 - GIGAZINE

「2000年問題」が10年遅れてオーストラリアを直撃、金融システムが大混乱に陥る - GIGAZINE

ソニーが旧型PS3で発生していた時刻のバグを修正、原因は「うるう年」 - GIGAZINE

電波による時刻修正が約40日ぶりに復活、おおたかどや山標準電波送信所が暫定的に電波送信を再開 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.