モバイル

Android 4.1搭載の7インチタブレット「Nexus 7」発売、7月半ばから出荷開始


本日発表された次期AndroidOS、Android 4.1「Jelly Bean」を搭載したAsusのタブレット「Nexus 7」が7月に発売されることが発表されました。

Googleの開発者イベント「Google I/O 2012」で、Google Playがパワーアップすることが説明されている中で、「増えた雑誌コンテンツをタブレットで読んだりする」という話になったときに、タブレットといえば……?という流れで出てきたのが「Nexus」の話題。


メーカーはAsus


社長も会場に姿を見せていました。(左から3番目)


「新デバイス、Nexus 7の登場です」という発表と共に会場には歓声が響きました


片手でがっちりホールドされているNexus 7


画面は1280×800のHD。CPUはTegra 3 クアッドコア、前面にカメラを搭載し、通信はWi-FiとBluetooth、NFCに対応。バッテリーはHD動画再生で9時間、重さは340g。


価格は8GBモデルで199ドル(約1万6000円)、16GBモデルだと249ドル(約2万円)。いま購入すると25ドル分のアプリ購入チケットがプレゼントされ、7月半ばに出荷されるとのこと。ただし、販売地域はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアで、それ以外の地域については今後の拡大対象となっており、日本でいつ購入できるのかは不明です。


ちなみに、このGoogle I/O 2012に参加した人はGalaxy Nexus PhoneとNexus 7がもらえたそうです。


・つづき
1万円台で買えるGoogleのタブレット「Nexus7」を実際に使い倒してみました - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
GoogleがAndroid 4.1「Jelly Bean」を発表、挙動やUIを改善して7月中旬から公開予定 - GIGAZINE

NTTドコモ版「Galaxy Nexus」がLTE非対応の理由 - GIGAZINE

世界初のAndroid 4.0「Ice Cream Sandwich」採用、「Galaxy Nexus」正式発表 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.