映画

山岳救助をテーマにした漫画作品「岳 みんなの山」が実写映画化決定


小学館の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている、石塚真一作の漫画作品「岳 みんなの山(単行本では「岳」)」が、実写映画化されることが決定しました。

必ずしも遭難者が助かるとは限らない、過酷な「山岳救助」をテーマにしつつも、作品を通して読者に山の魅力を訴えかける同作ですが、はたしてどのような映像作品となるのでしょうか。

詳細は以下から。
小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミックオリジナル]


小学館の公式ページによると、本日発売の「ビッグコミックオリジナル 新年2号(2010年1月20日号)」で連載100回を迎える「岳 みんなの山」が実写映画化されることが決定したそうです。気になる公開時期は2011年になるとされており、監督や俳優などのキャストは未発表。

なお、2010年1月4日現在、同作の単行本は第10集まで発売されており、以下のリンクで第1話を試し読みできるようになっています。

小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミックオリジナル:岳 -みんなの山-]

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
藤原竜也主演の映画「カイジ」、好評につき続編製作が決定 - GIGAZINE

とにかくお人好しな600億$$の賞金首・ヴァッシュの活躍を描くガンアクション「トライガン」、2010年春公開の映画公式サイトがオープン - GIGAZINE

ヤングジャンプ連載中の「GANTZ」が二宮和也・松山ケンイチ主演で実写映画化、2011年公開 - GIGAZINE

京極夏彦のSF小説「ルー=ガルー」が劇場アニメ化 - GIGAZINE

in 映画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.