ムービー

人間大砲と巨大チャイムでインテルのジングルを奏でるムービー


以前、MSIのノートパソコンの薄さを強調するバイラルムービーが流行しましたが、こんどはインテルが人間大砲と巨大チャイムを使って、CMでよく耳にするあのジングルを奏でてしまうという強烈なムービーを作ってきました。

インテルはブランディング戦略を重視しており、インテルのジングルは全世界で5分に1回は流れているそうですが、これはどんなムービーに仕上がっているのでしょうか。

詳細は以下。
Home - The world's biggest Intel chime - Intel



インテルのイメージカラーであるブルーのスーツに身を包んだ「インテル・フィンランドのマーティ」と名乗る男性。


インテルのジングルを普通のチャイムで演奏。これを人間大砲と巨大チャイムで再現するらしい。


世界最大のインテル・ジングルを演奏するということで参加した、インテル・フィンランドのエンジニア達。


自らを奮い立たせ砲身に入っていきます。


準備に余念のない技術者達。チーム全員のプロフィールはこちらで確認できます


砲口からガッツポーズ


発射準備の整った大砲。


目標はあのチャイム。


発射。


最初のレ♭の音が鳴った数瞬後、残りのメンバー4人が突入し見事ジングルが完成。喜びを分かち合うエンジニア達。


これはもちろんCG合成によるムービーですが「技術の限界に挑戦するインテル」というイメージをうまく表したものとなっています。インターネットでの評判も上々のようですが中には「インテルは社員を首にする(fire=発射する、とかけている)新しい方法を発見した」と辛口のコメントも。

ちなみにこのジングルを作曲したのはオーストリア出身の音楽家Walter Werzowa。他にもイレイザーマーキュリー・ライジングといった映画のサントラを手がけています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ストリートファイター2のボーナスステージを実際に再現したムービー - GIGAZINE

オマハ・ビーチ上陸作戦を淀川で再現したムービー - GIGAZINE

衝撃テストを行うために作られた超高圧ウォーターキャノンが搭載されたボルボ - GIGAZINE

もはや兵器、巨大カボチャを圧縮空気でぶっ飛ばすパンプキンキャノンの世界 - GIGAZINE

戦車の主砲などに用いられる超巨大サイレンサー - GIGAZINE

ネコを大砲から撃ち出してその飛距離を競うゲーム「Kitten Cannon」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.