メモ

都会の真ん中でも農業を可能にする「垂直農場」のコンセプトアート


世界の人口はまだまだ伸び続けており、2050年には100億人に達すると考えられています。このままでは食料生産が追いつかない恐れがあるのですが、農業に適していると思われる土地のうち80%はすでに利用されているため新しく農地を作り出すのも限界があります。

そこで、街中で利用されずに遊んでいる土地を有効活用して農作物を栽培する「垂直農場」というアイディアが注目を浴びているようです。

詳細は以下。
The Vertical Farm Project - Agriculture for the 21st Century and Beyond | www.verticalfarm.com

これが「垂直農場」。ビルの壁面を利用して様々な作物を栽培しています。


ビルの中はこんな感じ。オフィスも併設することができます。


角度によっては日照量に差が出たり、水の循環などにもエネルギーが必要なことから風力発電などでその分を補えます。


さらに、スーパーマーケットを併設すれば、ビル1つですべてを完結させることも可能。


これなら都会の真ん中に建てても生産量を確保できそう。


農場だけでなく鶏舎を設置することも考えられます


細い土地も有効活用できる


お国柄を出すのもアリかもしれません。


以下のページから、さらにたくさんのコンセプトアートを見ることができます。
Land-Force Blog - news and views on the land-based recruitment>> Blog Archive >> 20 Vertical Farming Pics, Designs & Concepts

・関連記事
温暖化をくいとめるには世界中の屋根を白く塗りつぶすべき、とノーベル物理学賞受賞者が提唱 - GIGAZINE

地球に優しいウシはゲップをしない、温暖化対策のためウシを品種改良中 - GIGAZINE

ラクダを食べてエコロジー - GIGAZINE

地球温暖化によって広がる可能性のある5つの病気 - GIGAZINE

進化を逆流、温暖化の影響でヒツジが縮んでいる - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log