取材

裸眼で立体映像を楽しむことが可能な世界初の立体3Dデジタルカメラ「FinePix Real3D」の実機を触ってきました


人の目と同じように被写体を2つのレンズでとらえて瞬時に画像合成することで、臨場感あふれる立体映像が楽しめる新次元の映像技術を現在、富士フイルムが開発中となっており、今回のフォトイメージングエキスポ2009でなんとその実機となる「FinePix Real3D」を触ることができました。ただのサンプル機ではなく、2009年秋頃には実際に販売予定だそうです。

特殊なメガネをかけずに裸眼で立体映像を楽しむことができるというとんでもないシロモノとなっており、3次元の静止画と動画の撮影が可能でした。撮影した映像を確認する液晶モニター自体も3D液晶モニターとなっており、かなりすごい内容となっています。

というわけで、世界初の3Dデジタルカメラや3D液晶モニターのレビューは以下から。
FinePix Real3D (JP)

これが富士フイルムのブース


世界初の立体3Dデジタルカメラ「FinePix Real3D」の前は人だらけ


これが実際に触ることができた実機。


標準的なインターフェース。通常の2次元撮影への切り替えもここからボタン一発で可能。


左右に並べた高解像度・高精細フジノンレンズを2基搭載したレンズシステム。左右の画角を高精度に位置合わせすることで、高品位・高画質な3D映像になるという仕組み。


左から順に動画と静止画の切り替えスイッチ、撮影のシャッター、そして電源ボタン。


背面の液晶そのものも立体に見えるようになっているため、リアルタイムにどの程度立体化されるのかを確認しながらシャッターを切ることが可能です。左右の目に入る光を最適制御するLight Direction Control System(ライト・ディレクション・コントロール・システム)により、裸眼でも自然な立体感で高品質な3D映像を見ることができるというわけ。


このサンプル機の大きさはこれぐらい


結構分厚い。


ムービーは現時点ではQVGAとVGAに切り替え可能。話を聞いてみたところ、原理的にはHDムービーでも撮影は可能なはずとのことなので、将来的には高画質でなおかつ3次元立体HD映像が撮影可能というすごい世界が到来する可能性も現実のものに。ムービーが立体でぐりぐり動くというのはかなり衝撃的な体験です。ただ、立体に見える視野角はかなり狭い感じ。


これがサンプル展示されていたモデル。触ることは不可能ですが、おそらく製品化されるバージョンに最も近いものではないかと。


デザインコンセプトを示すモックアップであり、最終製品とは異なる可能性あり。


こんな感じ


上から見たところ。サンプル機よりちょっと薄くなっているように見える……?


側面


背面はこんな感じ。ちょっと洗練されたイメージ。


これはデジタルフォトフレーム。当然ながら再生されている映像はすべて立体に見えます。


タッチパネルっぽい


これは印刷するとこうなるという例、高解像度「3Dプリントシステム」。高解像度でにじみのないプリントと、高精度レンチキュラーシートを一体化し、3D撮影された画像から従来にない高精細な立体感のある3Dプリントを作成するらしい。これも立体にちゃんと見えます。


さらに立体技術を応用したリアルポートレート3D。半端ないクオリティとなっており、一見の価値あり。


撮影、再生、印刷の3段階すべてで立体可能ということで、まずは「撮影」を担当する立体デジカメが今年度中に登場。2009年秋頃に出ればいいかな~という感じで、価格はまだ不明です。

・関連記事
立体映像による「立体テレビ」の放送が2025年に開始予定 - GIGAZINE

アニメが立体化?パナソニックが高画質な3D映像を楽しめるBlu-rayディスクを発売へ - GIGAZINE

Dreamworks新作映画に向けて、立体映像対応の映画館が大幅増へ - GIGAZINE

一体いつ出るかわからない「グランツーリスモ5」、将来的には3Dによる立体映像で次作が登場か - GIGAZINE

ついに3次元立体映像を実現した「Cheoptics360」 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by darkhorse