ネットサービス

本当に貞本義行直筆?綾波レイとアスカの似ても似付かないイラストサイン色紙が登場


昨年9月1日に公開された映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の特装版DVDに特典として封入されている劇場上映フィルムの1シーンに15万円以上のプレミア価格が付くなど、いまだに根強い人気を誇る「新世紀エヴァンゲリオン」ですが、そのキャラクターデザインを担当した貞本義行の直筆イラストサイン色紙がオークションに登場しました。

しかし到底直筆とは思えないクオリティーとなっており、非常に摩訶不思議な様相を呈しています。

詳細は以下の通り。
エヴァンゲリオン 貞本義行サイン色紙(アスカ)1円スタート - au one モバオク

エヴァンゲリオン 貞本義行直筆イラストサイン色紙(レイ) - au one モバオク

これらのオークションによると、出品者は金銭的に困っているため、コレクションしていた貞本義行の直筆イラストサイン色紙を出品したそうです。直筆イラストサイン色紙は綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーの2バージョンが出品されている模様。

これが惣流・アスカ・ラングレーバージョン。アスカというよりはナディアに似ているような気も。


アップはこんな感じ。


綾波レイ。以前まんだらけのオークションで86万円で落札されたものとは似ても似付かないクオリティーに。



限りなく信憑性が薄いのですが、はたしてこれは本当に直筆のものなのでしょうか。以下のリンクに貞本義行によるコミックス版新世紀エヴァンゲリオンの表紙が掲載されているので、比較してみるのもいいかもしれません。

www.evastore.jp:貞本義行 EVANGELION STORE

・関連記事
エヴァのスーパーコンピューター「MAGIシステム」は実在する - GIGAZINE

独創的すぎる「ローゼンメイデン」のイラスト入り冷蔵庫が登場 - GIGAZINE

麻生首相がエヴァンゲリオン劇場版風になっているものすごいムービーが登場 - GIGAZINE

ついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開時期決定、アスカや新エヴァ、新キャラクターが登場 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse_log