世界初マリファナの自動販売機が登場


自動販売機大国とも言われる日本では、ジュースからおでん、Tシャツまで様々なものが自動販売機で売られています。しかし、そんな日本にもないマリファナの自動販売機が海外で作られました。

海外では医療用としてのマリファナが認められているところがあるので、こういった販売ができるようです。

販売機の写真は以下から。Thrillist World's First Weed ATM

かなりゴツイ外見。サーバーではありません。


自動販売機の使用には医者の処方箋と指紋、投薬量や好みの銘柄が記録されたクレジットカードが必要。この自動販売機によって24時間好きなときに治療に必要なマリファナを得ることが出来るようになっています。

マリファナはケースに入って出てきます。


ロサンゼルスの信頼のある調剤室ではもうこの自動販売機が置かれていますが、受付窓口はまだ開いていないとのこと。将来的にはバイコディン(鎮痛剤)やバイアグラプロペシアといった薬品の販売も計画されているそうです。

・関連記事
iPod自動販売機の売り上げは一ヶ月で約650万円 - GIGAZINE

自動販売機に化けてストーカーをまくことができるスカート - GIGAZINE

マクドナルドで玩具付きのセットを買ったら、中からマリファナを発見 - GIGAZINE

90秒でおいしいアツアツのピザを作ることができる自動販売機 - GIGAZINE

マリファナを水耕栽培している地下洞窟施設の写真あれこれ - GIGAZINE

マリファナが狂牛病の進行を防ぐかもしれない - GIGAZINE

0

in メモ,   Posted by darkhorse_log