×
ネットサービス

YouTubeが3ヶ月以内に高画質化、さらに既存のムービーも高画質に


動画共有サイトの中でも最大規模でありながら、後発の動画共有サイトになんだか押され気味なYouTubeですが、なんと3ヶ月以内に画質を向上させるとのこと。しかも既存のムービーについても実はアップロードされた時点での元ムービーをすべて保存しており、それを使って高画質版を作り出すらしい。

詳細は以下から。
High-quality YouTube videos coming soon | Tech news blog - CNET News.com

高品質YouTubeビデオ、もうすぐ視聴可能に:ニュース - CNET Japan

仕組みとしては、ユーザーの接続速度をを検出して、高速である場合には画質をアップしたバージョンを見せる……という感じ。

なお、どれぐらい画質が向上するのか、あるいは解像度がアップするのかなどの詳細は不明ですが、既に次のFlash Player 9では新しく「H.264」という動画コーデックが採用される予定で、これがかなり高画質でしかもファイルサイズが小さいため、有力視されている模様。既に今年の8月の段階でその片鱗が見えています。

Flash Player 9が「H.264」をサポートへ - YouTubeもHD化? | パソコン | マイコミジャーナル

Flash Player最新版はH.264サポート、YouTubeも高精細化か - @IT

H.264というのがどういうものかというのはWikipediaにまとまっています。

H.264 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/H.264

H.264は従来方式であるMPEG-2などの2倍以上の圧縮効率を実現すると言われており、携帯電話などの用途向けの低ビットレートから、HDTVクラスの高ビットレートに至るまで幅広く利用されることを想定している。

つまり、DVDに利用されているMPEG-2形式よりも圧縮率が高い、と。既にワンセグ放送やQuickTime7で採用済みで、これが次のFlashからも利用可能になる、と。

大体どれぐらいの差があるかというと、HD MPEG-2コンテンツ(1920×1080)の配信は12~20Mbps。対してH.264は同じ1920×1080コンテンツを7~8Mbpsで配信可能。しかも画質は同等またはそれ以上。つまり、H.264は、MPEG-2の約半分のデータレートでDVDクオリティの画質になるというわけ。このことについてはAppleのサイトが詳しい。

アップル - QuickTime - H.264 - よくあるご質問

アップル - QuickTime - テクノロジー - H.264

・関連記事
YouTubeとGoogle VideoとSoapboxとYahoo!ビデオキャストの画質を比較 - GIGAZINE

iTunes StoreのムービーとDVDの画質を比較してみる - GIGAZINE

HDの画質とDVDの画質を比較してみる - GIGAZINE

動画共有サイト比較、一番画質がキレイなのはどれ? - GIGAZINE

PS3でPS2のソフトを起動すると画質が悪くなる? - GIGAZINE

ソニーの動画共有サービスがDVDクラスの高画質化を実現 - GIGAZINE

次世代ゲーム機を高画質で楽しむ方法 - GIGAZINE

Xvid、DVD、HD 720p、HD 1080pそれぞれの画質を比較してみる - GIGAZINE

既存のDVDディスクを使ってHD画質を実現した「3X DVD」が登場 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse