サイエンス

なぜオスはメスより先に死ぬのか


新しい研究結果によると、オスの寿命が短い原因は「交尾するための激しい競争」にあるのではないか、と考えられているそうです。これは人間に限らずその他の動物においても、オスの寿命はメスよりも短くなっており、なぜオスの方が短いかというと「生理的欲求」に依存しているため。

一体どういう行動の結果、寿命が短くなってしまったのかという詳細は以下から。Why Males Die Before Females | LiveScience

イギリスのケンブリッジ大学の研究者Tim Clutton-Brock氏とKavita Isvaran氏は、20種の異なる脊椎動物の調査を行い、一夫多妻の規模が大きくなるほど、オスの寿命がメスよりも短くなるという結果を得たそうです。その研究者たちによると、オスの交尾の競争が激しくなるほどオス一匹あたりの交尾回数が少なくなるため、そのような種のオスは、長寿になるように進化する強い動機がなくなり、寿命が短くなると説明しています。

Clutton-Brock氏によると、人間は一夫多妻制が普通だった後期石器時代くらいから、女性より男性の寿命が短くなったのではないかと考えているそうです。

人類の一夫多妻制が普通だった時代は、一般的な感覚で理解しているよりも長かったようです。

・関連記事
男性が女性と言い争った時の勝率グラフ - GIGAZINE

官能的なナメクジの交尾ムービーの真相 - GIGAZINE

ひろゆき公認の「2ちゃんねるコンドーム」が登場 - GIGAZINE

女性から見た理想のバストサイズは86.7センチ - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log