ネットサービス

「Google AdSense」をテストモードで使用する方法


ブログやウェブサービスを運営する前にテスト環境を作ってみるというのはよくありますが、そのテスト環境でAdSenseを貼ってもいいものなのかどうか迷うときがあると思います。理由は主に、自分で誤クリックしてしまった場合、非常にまずい事態になるため。

そういう場合のためなのかどうかは不明ですが、海外で主に利用されているのが「Google AdSense」のテストモード。これを使っている限りはクリックしてもカウントされないとのこと。

詳細は以下の通り。
Testing AdSense on a web page - the right way - GIDNetwork

Blogger Skills >> Running AdSense In Test Mode

使い方は簡単、まず以下の行を生成されるコードに追加します。

google_adtest = "on";

最後に「google_ad_client」を以下のように変更します。

google_ad_client = "ca-test";

これでクリックしてもカウントされないテストモードのコードになるらしい。ただ、規約では生成されるコードに手を加えてはいけないとなっているのですが、そのあたりはどうなるのかよくわかりません……。

・関連記事
ウェブページを見る目の動きは「F」パターン - GIGAZINE

Google AdSenseの始め方 その1「審査を突破する」 - GIGAZINE

Google AdSenseの収益を自動更新して表示するフリーソフト「SysSense」 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse