サイエンス

トマト酢を飲むと「深い睡眠」が増えてぐっすり眠る


ライオンと太田睡眠科学センターの人間を使った実証実験の結果、実証されたそうです。

どういう理屈かというと、手足が冷えると深睡眠が妨げられるため、血管拡張作用を有し、リラックス効果が注目されている「GABA」が多く含まれる「トマト酢」なら効果がある、ということです。

詳細な理屈は以下の通り。
ライオンと太田睡眠科学センター、「トマト酢」が睡眠の質を改善することを実証

まず研究の背景として、ライオンの調査によると、20~30歳代の働く男女の平均睡眠時間は6時間程度で、7割以上の男女が「睡眠時間が足りない」と感じているらしい。

で、睡眠の質の改善には、寝る前の「ストレス」と「冷え」の解消が必要である、と。そこでトマト酢を飲んでみた実証実験の結果、被験者全員が総睡眠に占める「深睡眠」の割合が増える傾向を示したわけです。

また、寝る前にトマト酢を飲んだ場合は成長ホルモンが約1.8倍に増える。つまり、「深睡眠」の割合が増加することで成長ホルモンが分泌されているわけ。寝る子は育つというのと同じ理屈。大人でも成長ホルモンが分泌されることで体の修復が行われたり、貯蔵脂肪酸をエネルギーに変え、ダイエット効果も期待できるらしい。さらに手足の末端血管幅も拡張されて皮膚温度が高まり、放熱が促進されることによって、睡眠が深くなりやすいそうです。

というわけでまとめてみると以下のような感じ。

1:トマト酢の含有成分である「GABA」などの働きで、快適な睡眠の妨げとなるストレスを寝る前に緩和し、より深い睡眠を得るための精神的コンディションを整える

2:トマト酢の血流改善効果により、末梢血流が増大し、放熱が促進することで、より深い睡眠を得るための身体的コンディションを整える


ちなみにこの作用を取り込んだ飲料が明日から発売されます。その名も「グッスミン」。

『グッスミン』新発売


1瓶50mlで税抜き250円。どれぐらいの効果が期待できるのでしょうか…すぐに1瓶でも実感できるほどの効果が出るのかな…?

in サイエンス,   , Posted by darkhorse_log