今日は毎月恒例「Windows Update」の日

by aiguaclara

今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWindows Updateの日がやってきました。早めにアップデートしておきましょう。

2017 年 10 月のセキュリティ更新プログラム(月例) – 日本のセキュリティチーム
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2017/10/11/201710-security-bulletin/


◆Windows 10およびWindows Server 2016(Microsoft Edgeを含む)
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows 10 RTM:4042895、Windows 10 1511:4041689、Windows 10 1607:4041691、Windows 10 1703:4041676、Windows Server 2016:4041691

◆Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2:4041687(セキュリティのみの更新プログラム) と 4041693(月例ロールアップ)。

◆Windows Server 2012
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows Server 2012:4041679(セキュリティのみの更新プログラム)と4041690(月例ロールアップ)。

◆Windows RT 8.1
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows RT 8.1:4041693。注:Windows RT 8.1の更新プログラムは Windows Updateからのみ入手できます。

◆Windows 7およびWindows Server 2008 R2
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows 7およびWindows Server 2008 R2:4041678(セキュリティのみの更新プログラム)と4041681(月例ロールアップ)。

◆Windows Server 2008
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Windows Server 2008の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事はWindows Server 2008のバージョンを参照しています。

4041671404194440419954042007404206740421204042121404212240421234042723

◆Microsoft Office 関連のソフトウェア
最大深刻度
重要

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
月例のセキュリティ更新プログラムのリリースの Officeに関連するサポート技術情報の記事の数は、CVEの数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。次のサポート技術情報はOfficeとOffice関連のコンポーネントを参照しています。25533382837599292072331725243172531401115740111594011162401117040111784011179401118040111854011196

◆Internet Explorer
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Internet Explorer 9:4040685、Internet Explorer 10:4040685(IE 累積的) と4041690(月例ロールアップ)、Internet Explorer 11:4040685404167640416814041689404169140416934042895

◆Microsoft SharePoint Enterprise Server
最大深刻度
重要

最も大きな影響
特権の昇格

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Microsoft SharePoint Enterprise Server 2013:40111704011180、Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016:4011157

◆Microsoft LyncおよびSkype for Business
最大深刻度
重要

最も大きな影響
特権の昇格

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
Microsoft Lync 2013:4011179、Skype for Business 2016:4011159

◆ChakraCore
最大深刻度
緊急

最も大きな影響
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ
ChakraCoreはChakraのコア部分であり、HTML/CSS/JSで記述された Microsoft EdgeとWindowsアプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wikiを参照してください。

なお、インストールされているソフトウェアの組み合わせによって実際のアップデート件数は異なります。詳細をチェックする場合はセキュリティ更新プログラム ガイドから検索が可能で、日付範囲を10月10日に指定すれば今月のセキュリティ更新プログラムに絞り込むことができます。

次回は2017年11月8日(水)に提供予定となっています。

・関連記事
「もはやWindows 10 Mobileには焦点を当てていない」とMicrosoft幹部が告白 - GIGAZINE

Windows 10発売から2年、Windows 7との普及率をグラフで比較するとこうなる - GIGAZINE

Windows XPにセキュリティ更新、「国家レベルの攻撃」に備えたパッチが6月のWindows Updateで手動ダウンロード可能に - GIGAZINE

約30年前に発売されたWindows 1.01をブラウザでエミュレートするとこうなる - GIGAZINE

MosaicやNetscapeといったインターネット黎明期のブラウザでネットサーフィンできる「oldweb.today」 - GIGAZINE

Windows 10の新しい壁紙はこうやって作られた - GIGAZINE

Windows XPの壁紙になった草原は現在はこんな感じになっている - GIGAZINE

WindowsXPのあの「草原」壁紙はCGではなく、なんと現実に存在するリアル風景だった - GIGAZINE

120

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by logq_fa