×
ソフトウェア

今日は毎月恒例「Windows Update」の日

by Panos Sakalakis

今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWindows Updateの日がやってきました。早めにアップデートしておきましょう。

2018 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例) – 日本のセキュリティチーム
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/02/14/201802-security-updates/


◆Windows 10およびWindows Server 2016(Microsoft Edgeを含む)
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 10 1709:4074588、Windows 10 1703:4074592、Windows 10 1607:4074590、Windows 10 RTM:4074596、Windows Server 2016:4074590

◆Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2:4074597(セキュリティのみの更新プログラム)と4074594(マンスリー ロールアップ)。

◆Windows Server 2012
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2012:4074589(セキュリティのみの更新プログラム)と4074593(マンスリー ロールアップ)。

◆Windows RT 8.1
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows RT 8.1:4074594。注:Windows RT 8.1の更新プログラムはWindows Updateからのみ入手できます。

◆Windows 7 および Windows Server 2008 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 7およびWindows Server 2008 R2:4074587(セキュリティのみの更新プログラム)と4074598(マンスリー ロールアップ)。

◆Windows Server 2008
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2008の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事は Windows Server 2008のバージョンを参照しています。
405816540730794073080407460340748364074851

◆Internet Explorer
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Internet Explorer 9:4074736(IE累積的)、Internet Explorer 10:4074736(IE累積的)と 4074593(マンスリー ロールアップ)、Internet Explorer 11(累積的):4074736、Internet Explorer 11(マンスリー ロールアップ):40745944074598、Internet Explorer 11(セキュリティ更新プログラム):40745884074590407459140745924074596

◆Microsoft Office関連のソフトウェア
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
マンスリー セキュリティ更新プログラムのリリースのMicrosoft Officeに関連するサポート技術情報の記事の数は、CVEの数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。次のサポート技術情報はOfficeまたはOffice関連のコンポーネントを参照しています。40116974011711401120040116824011690401168640117073172459401114331148744011703

◆SharePoint Enterprise Server 2016およびProject Server 2013
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
特権の昇格

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft SharePoint Server 2016:4011680。Microsoft Project Server 2013:4011701

◆ChakraCore
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
ChakraCoreはChakraのコア部分であり、HTML/CSS/JSで記述されたMicrosoft EdgeとWindowsアプリケーションを強化する高パフォーマンスのJavaScriptエンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/Cha​kraCore/wikiを参照してください。

なお、インストールされているソフトウェアの組み合わせによって実際のアップデート件数は異なります。詳細をチェックする場合はセキュリティ更新プログラム ガイドから検索が可能で、日付範囲を2月13日に指定すれば今月のセキュリティ更新のリリースノートや詳細を取り込むことができます。

Windows Updateはアメリカ時間で毎月第2火曜日に公開されており、次回のアップデートは日本時間で2018年3月14日(水)に提供予定となっています。

・関連記事
今日は毎月恒例「Windows Update」の日 - GIGAZINE

「Windows 95の画期的なユーザーインターフェースはどのようにして開発されたのか」を詳細にまとめた論文 - GIGAZINE

Windows 10の次期大型アップデートで「Progressive Web Apps(PWA)」がMicrosoftストアで提供に - GIGAZINE

ブラウザ上でWindows懐かしの「ペイント」風お絵かきが可能な「JS Paint」 - GIGAZINE

今日は毎月恒例「Windows Update」の日 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logu_ii