人が乗り込まなくても遠隔操作で航行可能な海のドローン「Saildrone」


無人航空機「ドローン」がかなり手軽に扱える時代となっていますが、海にもこの流れはあるようで、船員がいなくても航行可能な船「Saildrone」が登場しています。

Saildrone
http://saildrone.com/


どんな感じで動くのかはこのムービーを見るとわかります。

PMEL Saildrone in San Francisco in 2015: Research Innovation & Marine Ecosystems - YouTube


SaildroneはSail(航海する)+drone(ドローン)という名前の示すとおり、空を飛ぶのではなく、海をゆくドローンです。ドローンというと遠隔操縦する無人航空機のことなので、正確に言えばドローンではないのかもしれませんが、遠隔操縦で動き、船員はいません。


Saildroneを生み出したリチャード・ジェンキンズ氏。2009年に風のみ動力としたランドヨットで時速126.1マイル(約203km)を出し、当時の世界記録を破りました。


これがそのときの映像。

Sailing at 126 mph - Greenbird - YouTube


ジェンキンズ氏はこのときの翼の技術を応用して「航海できるドローン」を作る10年計画をスタートさせ、2012年に「Saildrone」を創業しました。


サンフランシスコからハワイまでの実証航海が2013年に成功すると、アメリカ海洋大気庁(NOAA)と提携し、Saildroneは単なる航海できるドローンではなく、海洋・大気測定装置として期待を受けることに。


これまでに大西洋、太平洋、メキシコ湾、ベーリング海など、6万海里(11万1120km)もの航海を行っています。


2016年9月には、シリーズAで1400万ドル(約14億円)を調達していて、Saildroneの「艦隊」拡張が期待されます。

Saildrone Inc. Raises $14 Million In Series A Funding To Expand Its Fleet Of Sailing Drones And
http://www.prnewswire.com/news-releases/saildrone-inc-raises-14-million-in-series-a-funding-to-expand-its-fleet-of-sailing-drones-and-ocean-data-services-300322444.html

・関連記事
狙ったポイントにルアーを落とせる釣りドローン「Fishing Master」 - GIGAZINE

ドローンを農業に活用する6つの方法 - GIGAZINE

完全な自動化で操縦はもちろん充電・バッテリー交換作業すら不要のビジネス向けドローンシステム「Airobotics」 - GIGAZINE

まんまゲームの世界、ドローンの大迫力ハイスピードなナイトレース - GIGAZINE

ドローン宅配の実用化に向け、セブン・イレブンが世界初の「ドローン宅配」のテスト飛行に成功 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt