「iPhone SE」を性能比較、ベンチマークテストしてiPhone 6sなどと数値を比べてみた


5s以来久々の4インチサイズの「iPhone SE」をぺたぺた触りまくり、歴代iPhoneとサイズ比較してみたわけですが、外観に続いては中身の比較をやってみることにします。

iPhone SE - Apple(日本)
http://www.apple.com/jp/iphone-se/

テストに用いたのはiPhone 6s/6s Plus購入時にベンチマークテストを行った「AnTuTu Benchmark」です。ただし、この半年の間にバージョンアップが行われて、スコアの単純な比較はできなくなっています。

AnTuTu Benchmarkを App Store で
https://itunes.apple.com/jp/app/id803837129

ベンチマーク比較相手はiPhone 6/6 Plus、6s/6s Plusの4機種にしました。まずiPhone 6のスコアは「78767」。


iPhone 6 Plusは「82895」と、iPhone 6より4000ポイントほど上です。


iPhone 6sは「120879」。iPhone 6と6sは外観はそっくりですが、中身は別物であることがよくわかります。


iPhone 6s Plusは「131836」で、この4機種の中では最も上でした。


そして、iPhone SEのスコアは「124004」。6s Plusよりは低いものの、6sよりは上という結果に。


内訳を見てみると、3Dスコアは31510。


UXスコアは41946。


CPUスコアは41887、そしてRAMスコアが8661でした。


すでに登録されているデータのランキングと比較してみると、登録済みのiPhone SE(132537)より低いという結果に……。


何が違うのか見てみました。左が自分のiPhone SE、右がベンチマークソフトに登録されているiPhone SEのデータです。RAMやCPUでは勝っているのですが……


UXのI/Oパフォーマンスと3Dでの差が大きく響いたようでした。


しかし、おおむねiPhone SEは6sと同等の性能を発揮すると考えてよさそう。「iPhoneを新しくしたいけれど、5s以前のデザインが好きだから、6以降に買い換えができない」という人なら迷いなく買いのアイテムです。

・関連記事
iPhone 6s/6s Plusの性能の劇的な進化を各種ベンチマークで証明 - GIGAZINE

「iPhone 6s/6s Plus」をベンチマークテストして旧モデルやiPadと比較してみた - GIGAZINE

全世界300万台のデータから判明した「iPhone対Android」ベンチマーク対決の結果は? - GIGAZINE

iPhone 6sなどのCPUがサムスン製だとTSMC製よりバッテリーがもたない、確認する方法はコレ - GIGAZINE

歴代iPhone10台のレスポンスタイムを比較してみるとこうなる - GIGAZINE

最新のiOS 9は旧型機iPhone 4sには少し厳しいOSであることが判明、アップデートすべきなのか? - GIGAZINE

225

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア, Posted by logc_nt