3Dプリンターで不気味なほどリアルな等身大フィギュアを作りだす「美峰」


人間でないものを人間に近づけようとして「ほぼ忠実一歩手前」まで来ると不気味さや怖さを感じることを「不気味の谷現象」と呼びますが、ワンダーフェスティバル 2016[冬]美峰ブースには人間の顔や体を3Dスキャンし、3Dプリンターで出力したものが置いてあり、これが不気味の谷現象としか言いようのないくらい怖いほどリアルになっています。

卓上に置かれた女性型のフィギュア&胸像。


フィギュアは実際の人物を3Dスキャンで取り込んで出力したもの。卓上サイズであれば、リアルですが人形だと見分けがつきます。


ドレスをまとったバージョンもあります。


……が、しかし、実物大サイズとなると、本物の人間と見間違うほどのクオリティに。


横から見るとこんな感じ。


色といい質感といい、まるで生きているようです。


足元にはおじさんたちの顔が置いてあり、ちょっとぎょっとします。


カメラがぎっしりと置かれた棚もあり、どうやらコレで3Dデータを取り込むようです。


スキャンの様子は以下から。

瞬間撮影 3Dスキャンハイクオリティー 3DScan

Posted by 3D printer face (株)美峰 Japanese animation company Bihou on 2016年2月6日

ポロシャツや袴など。


ロングヘアの女性や……


胸像いろいろ。


テーブルの上はちょっとした地獄絵図でした。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2016[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

3Dプリンターでぜんまい仕掛けのトゥールビヨン式時計を自作した猛者が登場、パーツデータや組み立て方法などを公開中 - GIGAZINE

10万円クラスの安価な3Dプリンターで人工心臓のパーツを自重で崩壊させずに出力する手法 - GIGAZINE

「服は買わずにダウンロードして3Dプリンターで印刷」という時代が現実のものに - GIGAZINE

食べ物を出力する3Dプリンターが一家に1台置かれる未来 - GIGAZINE

爆速で3Dプリントを可能にする革新的技術「連続液界面3Dプリント」とは? - GIGAZINE

328

in 取材,  動画, Posted by logq_fa