×
映画

Appleのスティーブ・ジョブズの伝記映画でジョブズ役に映画「ダークナイト」のクリスチャン・ベールを起用


映画「ソーシャル・ネットワーク」で脚本を執筆したアーロン・ソーキン氏が、次の作品として取り組んでいるAppleのスティーブ・ジョブズ氏の伝記映画で、映画「ダークナイト」のバットマン役・アメリカ版映画「ハウルの動く城」のハウル役で知られるクリスチャン・ベール氏をジョブズ役に起用したことをインタビューで明かしました。

Christian Bale Didn’t Have to Audition for Jobs Film Role - Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/2014-10-23/christian-bale-didn-t-have-to-audition-for-jobs-film-role.html

ソーキン氏のインタビューは下記のムービーから確認できます。

Aaron Sorkin: Christian Bale 'Will Crush' Steve Jobs Role - YouTube


ソーキン氏は「映画に登場するジョブズの年齢にピッタリで最高の演技ができる俳優を探し求めていました。その答えがベールだったんです」と語り、ベール氏を起用する上でオーディションを行わなかったことを明かしました。また、同映画ではベール氏が登場しないシーンが一切なく、通常の映画よりも多くのセリフを覚える必要があり、ベール氏にとってかなり難しい役柄となるそうです。


ベール氏がジョブズ役を演じることを受けて、アメリカのケーブルテレビ番組「Conan」では、「もしダークナイトがスティーブ・ジョブズだったらこんな感じ」というパロディムービーが公開されました。

Sneak Preview: Christian Bale As Steve Jobs - CONAN on TBS - YouTube


地下作業室で研磨作業をしているブルース・ウェイン。


磨かれていたのはバッタランではなく、Appleのロゴ。


アルフレッド・ペニーワース「なぜAppleのロゴを磨いているんです?」


ウェイン「Appleが怖いからだよ、アルフレッド」


ペニーワース「ここにクリックできるボタンを搭載しましょう。それをマウスと名付けましょう!」


バットマン「私がスティーブ・ジョブズだ!」


バットマン「お前はMacの使い方が簡単というのを知っていたのか!?」 男「今まで一切知りませんでした!神に誓って!」


バットマン「今すぐMacに乗換えろ!」


ベイン「お前はなんでAppleに戻ってきたんだ?」


バットマン「お前を倒すためにAppleに戻ったんだよ、ビル・ゲイツさん」


男「グフッ、誰も小さなコンピューターを搭載した携帯電話を欲しいと思っていないんだよ」


バットマン「私はそれを『iPhone』と呼ぶんだ!」


「そして死んでくれ!サヨナラ!」と叫びながら飛び去るバットマンでした。


なお、ウォルター・アイザックソン氏の著書「スティーブ・ジョブズ I」を元にした同映画は、「トレインスポッティング」や「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル氏が監督を務め、数カ月後に撮影がスタートする予定です。

・関連記事
「Safari」の開発者が語る、iPhone誕生秘話とスティーブ・ジョブズという人物 - GIGAZINE

「ダークナイト」のバットマンになるにはどれぐらいお金が必要なのか? - GIGAZINE

21世紀の教育革命「スティーブジョブズスクール」とは? - GIGAZINE

「ダークナイト」監督が手がけるSF映画「インターステラー」の最新映像公開 - GIGAZINE

スティーブ・ジョブズからのメールはやたら短く簡潔だった - GIGAZINE

「ダークナイトライジング」のCGとしか思えない戦闘場面が本物の車や群衆、スタジアムを使って撮影されていたことがわかる驚愕のメイキング映像 - GIGAZINE

映画「スティーブ・ジョブズ」に描かれなかったAppleの真実とは? - GIGAZINE

ジョブズのメールが示すハードな交渉のやり方と勝ち方 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log