USBドライブや鏡からスパナまでさまざまな工具が詰まったiPhone用ケース「myTask」


iPhone向けのケースには銃弾から守ってくれる装甲仕様のモノや、おいしそうに見える食べ物をモチーフにしたモノまで、さまざまなタイプがありますが、そんな中で機能に重視してケースにUSBドライブや鏡、さらにはレンチやスパナまで、さまざま工具を詰め込んだiPhone 5s/5用ケース「myTask」が登場しました。

myTask iPhone case | Tasklab
http://www.thetasklab.com/mytask

こちらがmyTaskです。myTaskにはスライド式のトレイが付いていて、その中に工具が収納されています。用途に応じた「URBAN」「BIKE」「STASH」という3種類のケースがあり、それぞれトレイに違うものが入っているというわけです。


URBANはオフィスや家、外出時に必要になりそうな工具がセットになったもの。


URBANにはUSBドライブ・ボールペン・ピンセット・鏡・LEDライト・スクリュードライバーや栓抜きとして使える物差し・ハサミなどが入っています。


こちらはmyTaskのBIKEで、自転車を頻繁に使用する人向け。


BIKEに入っているのは6種類の六角レンチ・4種類のボックスレンチ・スポークレンチ・15mmのペダルレンチ・スクリュードライバー・パンクをふさぐパッチ・タイヤレバーなど自転車の修理グッズが中心。


BIKEを持っていれば、急に自転車のペダルの調子が悪くなったとしても、すぐに修理できます。


STASHは3種類の中で最もシンプルなケースで、スライド式の深さ3.5mmのトレイがついているだけで付属品は何もなし。自分でケースに入れるものを自由に選びたい人向けです。


3種類のトレイが収納されているケースは強化ポリカーボネート製で、落下時の耐久性も抜群で、ソフトな手触りを実現しているとのこと。


myTaskはURBAN・BIKE・STASHともに赤と黒の2種類で、重さはURBANが65g、BIKEが80g、STASHが28g。各ケースの厚さは14.8mmとなっており、iPhoneの厚さを引くと約6mmです。


myTaskの価格はURBANとBIKEがそれぞれ60ドル(約6000円)で、STASHが29.95ドル(約3000円)となっており、日本への送料は6~10日かかる普通郵便で14.70ドル(約1500円)、3~5日かかる速達便で57.80ドル(約5900円)となっています。


myTaskは一度、クラウドファンディングのKickstarterで出資を募っていましたが、目標額を達成できず、製品化が危ぶまれていました。しかしながら、myTaskの開発元TaskLabは公式サイトでmyTaskの販売を実施しています。

・関連記事
iPhoneを銃弾から守ってくれる装甲ケースを実際に銃撃するとどうなるのか実験したムービー - GIGAZINE

BlackBerryっぽい物理キーボード搭載iPhoneケースを販売予定の会社をBlackBerryが提訴 - GIGAZINE

iPhoneにマクロ/魚眼/広角レンズ・カッター・ねじ回し・栓抜きなどをプラスするケース「ReadyCase」 - GIGAZINE

玄米せんべいで作った世界一割れやすい「サバイバルせんべいiPhone 5専用ケースSV3818」を使ってみました - GIGAZINE

iPhone 5が美味しそうになる焼きそば・衣フライ・日の丸弁当・ベーコンエッグ風ケース - GIGAZINE

iPhoneに背面タッチ機能を追加するケース「Sensus」 - GIGAZINE

プチプチをエンドレスで楽しめるiPhoneケース「プチプチ for iPhone 5」 - GIGAZINE

バッテリーだけでなく容量も32GBまで追加できるiPhone 5s/5用ケース「mophie space pack」 - GIGAZINE

iPhone5用カバーを寿司・ケーキ・うなぎの蒲焼・肉じゃがにするとこんなことになる - GIGAZINE

50

in ハードウェア,  デザイン, Posted by darkhorse_log