レビュー

レシートを撮影するだけであとは全自動で家計簿ができあがる「ドクターウォレット」を使ってみました


家計簿をつけようと思っても、買い物のたびにレシートの内容を書き込んだり入力していく作業が大きな負担となり、気づけば「家計簿って何?おいしいの?」状態になってしまうこともしばしば。そんなときに役立つのが、レシートをスマートフォンのカメラで撮影してアップロードするだけで、全自動で買い物をした日、商品名、価格、カテゴリ分けまでしてくれ、月々の収支をグラフ表示までしてくれるのが「全自動の無料家計簿ドクターウォレット」です。このドクターウォレットがiOSアプリとして8月28日にリリースされたので実際に使ってみました。

最も入力が簡単な無料家計簿・家計簿アプリ[ドクターウォレット]
https://www.drwallet.jp/


全自動の無料家計簿ドクターウォレット - レシート撮るだけ簡単、支出管理で節約、貯金 for iPhone 3GS, iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 5, iPod touch (3rd generation), iPod touch (4th generation), iPod touch (5th generation) and iPad on the iTunes App Store
https://itunes.apple.com/app/id686568005?l=ja&ls=1&mt=8


App Storeから全自動の無料家計簿ドクターウォレットをインストールします。


インストールされたドクターウォレットをタップして起動。


まずはドクターウォレットのチュートリアルがスタート。


ドクターウォレットはカメラで撮ったレシートの内容から、買い物品を自動でカテゴリ分けしてくれます。


さらにレシート内容は人力でデータ化しているようで、精度はなんと99%以上。


家計簿を手書きやデジタルで作成するのは面倒ですが、ドクターウォレットを利用すれば毎月約100分もの時間を節約できる、とのこと。


「自分の買い物内容や個人情報が見られるのは……」という人でも安心できるようにプライバシー情報の管理は徹底されているようです。


ドクターウォレットについて学んだところでログイン画面に到着。アカウントを持っていない場合は「新規登録」をタップします。


ドクターウォレットの新規登録ページに飛ぶので、ここでメールアドレスとパスワードを入力して「今すぐ登録」をタップ。


入力したメールアドレス宛にユーザー登録確認用のメールが届いているので、ここに書かれたURLをタップすれば登録完了です。


さっそくドクターウォレットを起動、これが起動時の画面。


家計簿をつけるには画面下にあるカメラアイコンをタップします。


スマートフォンのカメラが起動するので、家計簿につけたい買い物のレシートを準備して……


カメラアイコンをタップしてレシートを撮影します。


しっかり撮影ができたら画面右下の「Send」をタップすればOK。


トップ画面に戻ると画面左下の雲アイコンに「1」と表示されているのでこれをタップしてみます。


すると現在データ化中のレシートを一覧で表示してくれます。さきほど撮影したレシートが現在ドクターウォレットの中の人たちによりデータ化されている最中、というわけ。データ化にはある程度時間が必要なので気長に待っておけばOK。


そうこうしているうちにデータ化が完了。買い物をした日付をカレンダーで見てみると、こんな風に買い物の内容が表示されます。これをタップすると……


買い物の詳細を確認でき、見事にレシートの内容がデータ化されています。


ただし、「フィローネ ハム&マリボーチーズ」は2つ分が1つにまとめて表示されているので、買い物商品の個数までは表示できないようです。


レシートを写真で撮影すると、ドクターウォレットを運営するBearTail社内にデータが送られる仕組み。


これが「データ化中のレシート一覧」に表示されればOK。ただし、「データ化中のレシート一覧」に表示される前に電波のつながりにくい場所や圏外に移動してしまうと、「あのレシートだけデータ化されていないぞ?」ということになるので注意が必要。


画像のアップロードが完了するとこんな風に通知が来るので、これが無い場合はレシートを再撮影してアップロードし直してあげればOK。


また、レシートの情報が二重で表示される場合もアリ。


こんな時は買い物の詳細情報から、右下のゴミ箱アイコンをタップ。


「はい」をタップして片方を削除してしまえば良し。


さらに、トップ画面の右下にあるグラフアイコンをタップ。


すると、月々の支出入をグラフにまとめて表示してくれます。


もちろんレシートが無い場合には手入力で家計簿をつけることも可能。そんな時は画面右上の「+」アイコンをタップ。


ここに入力すればOK、レシートの写真を撮影するだけで家計簿を作成できる状況に慣れてしまうとかなり面倒に感じそうな予感。


また、ドクターウォレットはパソコンからも利用可能。パソコンでは入力済みデータの編集や支出入を手入力可能です。


金額や商品名の修正はこんな感じ。


ただし、これだけ汚れたレシートでも正確にデータ化可能なドクターウォレットなので、特に心配する必要も無さそうです。


なお、ドクターウォレットは無料で全ての機能を利用可能ですが、データ化可能なレシートの枚数は月100枚までとなっており、レシートのデータ化に必要な時間はまちまち。今後、家計簿データの出力が可能になったり月々のデータ化可能レシートの枚数が200枚になったり、レシートのデータ化を優先して行ってもらえるなどの機能が追加されるプレミアムサービスを提供する予定もあるようです。ドクターウォレットはiOSアプリ以外にAndroidアプリとしてもリリースされているので、Android搭載スマートフォンを使っている場合も安心です。

全自動の無料家計簿ドクターウォレット:レシート撮るだけ簡単! - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.beartail.dr.wallet

・関連記事
とにかく簡単に記録できることが大事、怠慢な人向けアプリ「漢の家計簿」 - GIGAZINE

ソフトバンクがPayPalと戦略的提携、「日本の決済を変える」新会社を設立へ - GIGAZINE

女性は買い物で年間約4万8000キロカロリー消費する - GIGAZINE

はるか遠くの買い物カゴに商品を投げ入れるショッピング方法 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by logu_ii