Amazonが買収した倉庫ロボットの自動システムが一体どれほどスゴイのかよくわかるムービー

By Office of Governor Patrick

Amazonが買収したKiva Systems社の倉庫内を自動で動き回るネットワークロボットの動く様子がYouTubeにアップされています。ロボットにはカメラとリアルタイム画像処理システムが搭載してあり、物流センター内を自律的に動く様子は、まるでSF映画を見ているようです。このシステムの導入によって、近い将来、Amazonの倉庫における作業のほとんどがロボットに置き換わってしまうかも知れません。

Warehouse Robots at Work - YouTube


まるでどこかのお掃除ロボットのような形のオレンジ色のロボットが、荷物を運んでいる様子。Amazon傘下のZapposや、米薬局大手のWalgreensGAPなどは既にこのロボットを採用しているそうです。


指示された製品が収納されている棚を見つけるとその下にもぐり、作業員がいるところまでのルートを見つけ届けます。


動きも割と素早い感じでスイスイ。


アップで見るとこんな感じ。再充電に必要な1時間あたり5分の時間を、適切なタイミングで見つけ出すことも可能。


これらのロボットはそれぞれが独立的に動いているのではなく、ネットワーク化によってトラフィック制御されているため、ぶつかることはありません。また、ロボットたちは運搬作業を通して適応化され、例えば人気製品は近場に、そうでないものは部屋の奥に置いてくるなどの機能もあるとのこと。


エレベーターを使って上の階に。


人間の手が全くかからないというわけではありませんが、作業のほとんどをこのロボットによって自動化できるため、作業は効率化され、最終的には人件費などの経費の削減も可能。


床にはこのようなバーコードが埋めてあり……


これを読みながら、人間のところに荷物を持ってくるというわけ。


ただ運ぶだけでなく、棚を持ち上げることもできます。


このロボットを使用することで、作業効率は2~4倍となり、また人間ではないので照明や空調が不要となり、マンパワーが主な倉庫と比べて50%もの経費削減が可能になるようです。

Amazonでは多種多様な商品を巨大な倉庫内で管理していますが、これらの荷物をマンパワーで処理するには相当なコストがかかっているものと思われます。このロボットを導入することにより、経費は大幅に削減されそうで、さらには効率化によって顧客への商品到着がよりスピードを獲得するかも知れません。

・関連記事
Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ - GIGAZINE

Amazonの巨大倉庫の中の写真集 - GIGAZINE

Amazon巨大倉庫の信じられない規模のブラックフライデー作業風景 - GIGAZINE

Amazonの倉庫で働くときの知られざるルール10か条 - GIGAZINE

巨大通販サイト「Amazon.co.jp」を支える国内最大級の物流センター「アマゾン堺FC」を見てきた - GIGAZINE

Amazon.co.jpが物流センター被災のため「お急ぎ便」中止、東北・北海道への配送も当面停止 - GIGAZINE

93

in 動画, Posted by darkhorse_log