第50回静岡ホビーショー、一般公開初日は1時間前から長蛇の列


第50回静岡ホビーショーが一般公開日の初日を迎えました。

1/1ザクの頭などが展示されている今回のホビーショーですが、ツインメッセ静岡には開場1時間まえから長蛇の列ができており、イベントの盛況さを物語っています。

詳細は以下から。第50回静岡ホビーショー

会場となったツインメッセ静岡には、開場の1時間前から長蛇の列ができていました。


午前8時、列の先頭の様子。


当然会場内はまだ準備中。


横4列に並んだ人の列が外に続いていきます。


開場入り口までずっと続いています。


最後尾はすでに会場の外まではみ出していたため、折り返しが行われていました。


ビニールシートを敷いてDSに興じる子供の姿も見られます。


開場を待つ人の列はどんどん長くなっていきます。


今日からは一般のモデラーによるモデラーズクラブの様子もあわせてお伝えしていきますので、お楽しみに。

・関連記事
等身大ザクがガンダムに続き静岡に登場、ただし頭のみ - GIGAZINE

「ガンダムvs黒い三連星」や「熱砂の攻防戦」など歴代ガンダムの各作品をモチーフにしたプラモデル用ジオラマ - GIGAZINE

多彩な変形が楽しめるギミック感満載の「1/60 完全変形VF-19改 ファイヤーバルキリー」、「完全変形SDF-1マクロス」も - GIGAZINE

電脳戦機バーチャロンからロボットなのに胸のサイズが4種類選べる「フェイ・イェン」と変形可能な「マイザー・ガンマ」 - GIGAZINE

大阪城や安土城、金閣寺などすさまじいクオリティの城や寺のモデルキット「木製日本建築模型」 - GIGAZINE

あの「東京スカイツリー」の完成に先駆けてプラモデルが登場、独特のライトアップも見事に再現 - GIGAZINE

放映30周年記念で「太陽の牙ダグラム」のプラモデル全10種が復刻、当時のパッケージを忠実に再現 - GIGAZINE

天才レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した発明スケッチを立体化、「エアリアルスクリュー」や「アーマードカー」が塗装済みキットに - GIGAZINE

トランスフォーマーの精密なディティールを再現した組立型新形態プラモ「デュアルモデルキット」、ただし変形はできない - GIGAZINE

ゴキブリを美少女へと擬人化した同人誌「!!」「!!!」の「ごきチャ」と「ちゃば」がプラモ化、描き下ろしオリジナル同人誌も - GIGAZINE

ワンピースのプラモデルはジュエルでデコレーションできるゴーイングメリー号、フィギュアはエースが復活しブリーチの一護も登場 - GIGAZINE

犬やクロコダイル、タランチュラなどの体内が丸わかり、理科の解剖実験のような「立体パズル 4D VISION 動物解剖」シリーズ - GIGAZINE

プラモデルや模型の一大見本市、「第50回静岡ホビーショー」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

模型の新製品発表や限定発売が行われる第49回静岡ホビーショー開催、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

0

in 取材,  メモ, Posted by darkhorse_log