重さ317g、超コンパクトな高機能ミニノート「mBook」が日本でも発売へ


317グラムという軽量さに加えてスマートフォンのようなコンパクトなボディを実現した高性能ミニノート「mBook」が日本でも発売されることが明らかになりました。

コンパクトであるにもかかわらず拡張性を重視したモデルとなっているほか、OSにWindows XPが採用されています。

詳細は以下の通り。
World's 'smallest, lightest' laptop launches ? Register Hardware

この記事によると、「mBook」はCPUに1.1GHzないし1.3GHzのIntel Atomプロセッサ、1GBのメモリ、8GB~32GBのSSD、130万画素WEBカメラ、無線LAN、HSDPA、Bluetooth2.0、ミニUSB2.0ポート、microSDメモリカードにも対応した4in1メモリカードスロット、1024×600表示に対応した4.8インチ液晶ディスプレイなどを搭載しており、OSにはWindows XPを採用した超小型ノートパソコンだそうです。

これが「mBook」です。


開いたところ。非常にコンパクトです。


天板や側面などはこんな感じ。本体の寸法は158×94.1×18.6mm。バッテリー駆動時間は約6~7時間。


なお、産経新聞社の報道によると「mBook」は日本でも3月末に発売される予定となっており、価格は約4万8000円~7万円程度になる見通しとのこと。

韓国社製の最軽量パソコン 3月末に日本上陸 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

・関連記事
薄型で高性能、長時間駆動を実現した「EeePC Shell」が来月登場か - GIGAZINE

低価格ミニノートの在庫処分開始、価格が一気に下落へ - GIGAZINE

低価格な一体型パソコン「EeeTop」が登場、タッチスクリーン搭載で簡単操作が可能に - GIGAZINE

超薄型&軽量で高解像度液晶を搭載したソニーのミニノート「VAIO type P」を徹底フォトレビュー - GIGAZINE

VAIO type Pのハードウェア再生支援機能で本当にHD動画がスムーズに再生できるかどうか、いろいろと試してみた - GIGAZINE

0

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log