ハードウェア

Microsoftが「Copilot+ PC」発表、Armプロセッサ「Snapdragon X Elite」搭載でAIをローカル実行できる


Microsoftが、Windows 11に標準搭載されるAIアシスタント「Copilot」をはじめとするAIの実行に適したPC「Copilot+ PC」を発表しました。Copilot+ PCはMicrosoft Surfaceブランドだけではなく、Acer・ASUS・Dell・HP・Lenovo・SamsungといったPCメーカーからも登場する予定です。

Introducing Copilot+ PCs - The Official Microsoft Blog
https://blogs.microsoft.com/blog/2024/05/20/introducing-copilot-pcs/

Copilot+ PCs を購入する | Microsoft
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/copilot-plus-pcs

Snapdragon X Series is the Exclusive Platform to Power the Next Generation of Windows PCs with Copilot+ Today | Qualcomm
https://www.qualcomm.com/news/releases/2024/05/snapdragon-x-series-is-the-exclusive-platform-to-power-the-next-

Microsoftは「Copilot+ PCは、これまでに構築された中で最も高速で最もインテリジェントなWindows PCです。40TOPS以上という驚異的な演算能力を実現する強力なNPUを搭載し、1日中持続するバッテリー寿命を実現。さらに最先端のAIモデルへのアクセスが可能で、他のPCではできないことを可能にします」と述べています。


Microsoftによると、CPU・GPU・NPUの能力を統合するためにまったく新しいシステムアーキテクチャを導入したとのこと。また、Azureで実行されている大規模言語モデル(LLM)や小規模言語モデル(SLM)と連携することで、AIワークロードの実行において従来の最大20倍のパフォーマンスを実現できると主張しており、マルチスレッドパフォーマンスではAppleのMacBook Air 15インチを最大58%上回るとアピールしています。

さらに電力効率が従来の最大100倍に向上したことで、Copilot+ PCは1回の充電で最大22時間の映像再生あるいは15時間のウェブブラウジングが可能になるとのこと。Microsoftは加えて、Copilot+ PCの要件として「16GB以上のDDR5メモリ」「256GB以上のSSD」を挙げています。

Copilot+ PCによって可能になるWindowsのAI機能としてAIアシスタントのCopilot以外に、簡単な操作でPC上のスナップショットやメールを直感的に探し出せる「回顧」、画像生成が可能な「ライブコクリエーター」、動画にリアルタイム字幕を文字起こしして表示する「ライブキャプション」、写真をその場で簡単に編集できる「クリエイティブフィルター」が紹介されています。


他にもAdobeのPhotoshopやLightroom、動画編集ソフトのDaVinci Resolve Studio、動画編集ソフト「CapCut」での背景削除機能なども、Copilot+ PCのAI性能の恩恵を受けるとMicrosoftは述べました。


そして、Copilot+ PCはMicrosoft Plutonセキュリティプロセッサがデフォルトで有効になっており、「箱から出してすぐにセキュリティで保護された状態で出荷される」とのこと。

Copilot+ PCのラインナップとしては、Snapdragon X EliteやSnapdragon X Plusを搭載した「Surface Pro」「Surface Laptop」が発表されています。加えて、2024年6月18日にはAcerの「Swift 14 AI 2.5K touchscreen」、ASUSの「Vivobook S 15」、Dellの「XPS 13」「Inspiron 14 Plus」「Inspiron 14」「Latitude 7455」「Latitude 5455」、HPの「OmniBook X AI」「EliteBook Ultra G1q AI」、Lenovoの「Yoga Slim 7x」「ThinkPad T14s Gen6」「Yoga Slim 7x」、Samsungの「Galaxy Book4 Edge」がCopilot+ PCとして一斉に登場する予定です。


今回Microsoftが発表したCopilot+ PCはいずれもArmアーキテクチャを採用しているQualcommのSnapdragon X EliteあるいはSnapdragon X Plusを搭載したモデルですが、Microsoftは「IntelやAMDのx86アーキテクチャCPUを採用したチップを搭載したモデルも後日に登場する」としています。また、将来的にはNVIDIA GeForceやAMD Radeonなどのグラフィックカードと組み合わせ、ゲーマーやクリエイター向けのCopilot+ PCも提供する可能性を示唆しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Dellの機密資料から「Snapdragon X Elite」の次世代モデルが2025年と2027年に登場予定であることが判明 - GIGAZINE

Snapdragon X Eliteを搭載したSurface Pro 10やSurface Laptop 6はM3搭載のMacBook Airを上回るとMicrosoftが主張 - GIGAZINE

Snapdragon X Eliteのベンチマーク結果がネット上に登場、IntelとAMDの主力CPUに勝利 - GIGAZINE

GoogleがArm版Windows向けのChromeを正式発表 - GIGAZINE

MicrosoftがAI機能を強化した「Surface Pro 10」と「Surface Laptop 6」を2024年3月下旬に発表する可能性 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.