セキュリティ

中国のハッカー集団が日本の防衛機密ネットワークに侵入していたとの報道


中国の軍事ハッカーが2020年に日本の防衛機密ネットワークに侵入していたと、アメリカの日刊紙・The Washington Postが匿名の元アメリカ政府高官による証言をもとに報じました。このサイバー攻撃はアメリカの国家安全保障局(NSA)によって検知され、「日本の近代史において最も有害なハッキングのひとつ」と日本の政府関係者に伝えられたそうです。

China hacked Japan’s classified defense cyber networks, officials say - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/national-security/2023/08/07/china-japan-hack-pentagon/


中国は世界最大のハッカー軍団を抱えており、サイバー攻撃力を拡大しているといわれています。アメリカ政府や西側のサイバーセキュリティ企業によると、2021年半ば以降にアメリカやグアム、アジア太平洋の地域で、通信や輸送、公共事業システムなどの重要インフラネットワークへの中国ハッカー集団による侵入が増加しているそうです。

The Washington Postによると、NSAが2020年の秋に「中国の軍事ハッカーが日本の機密防衛ネットワークに侵入していた」ことを発見したとのこと。このサイバー攻撃は非常に憂慮すべきものだと判断したアメリカ政府は、NSAおよびアメリカサイバー軍の長官だったポール・ナカソネ大将と、ホワイトハウスの国家安全保障副補佐官だったマシュー・ポッティンジャー氏を急いで東京に向かわせました。

ナカソネ大将とポッティンジャー氏が防衛省幹部に状況を説明したところ、防衛省は事の重大性から首相にも直接説明するように手配したそうです。ナカソネ大将とポッティンジャー氏は「中国が東京の機密防衛ネットワークに侵入した。これは日本の近代史の中でも最も有害なハッキングの1つになる」と説明。首相側は驚いて対策を検討すると返答したため、ナカソネ大将とポッティンジャー氏は「自分たちの主張を理解してもらえた」と思って帰国の途についたそうです。


ちょうどその頃、アメリカでは大統領戦が終わり、ドナルド・トランプ政権からジョー・バイデン政権に移行するタイミングでした。NSA高官は次期大統領補佐官であるジェイク・サリバン氏に、日本の機密防衛ネットワークが攻撃されていたことを引き継ぎましたが、トランプ政権時代に発覚したロシアによるアメリカ政府機関ネットワークへの大規模な侵入などの問題もあり、後回しにされてしまったとのこと。

それでも日本側は国内企業を利用して防衛機密ネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性を評価し、NSAやアメリカサイバー軍が結果を検討して修正していくという方法で対策を取ったとのこと。しかし、アメリカ政府高官は「日本側はこのハッキング問題が風化してしまうのをただ望んでいたように感じた」と証言しています。また、元アメリカ軍のサイバーセキュリティ担当者は、「日本人は自分たちのネットワークに他国の軍隊が参加することに対して不快感を感じていた」と述べています。

日本側がアメリカに対して不信感をあらわにしていたのは、2015年に内部告発サイト「WikiLeaks」でNSAが日本政府を盗聴していたことが明らかにされたためだとのこと。この時、バイデン副大統領(当時)は安倍晋三首相に電話で謝罪しています。

米、日本政府を盗聴か 「ウィキリークス」が文書公開 - 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H4W_R30C15A7EA2000/


2021年初頭にバイデン政権が落ち着いた頃、NSAは中国のハッカーがまだ日本の機密防衛ネットワークにアクセスしていることに気付いたとのこと。バイデン政権はサイバー・先端技術担当の国家安全保障担当副補佐官にアン・ニューバーガー氏を任命した上で、ニューバーガー氏を2021年11月に日本に派遣し、中国ハッカー集団によるサイバー攻撃について防衛省幹部や日本政府高官に再度説明を行わせました。

ニューバーガー氏来日については、在日アメリカ大使館が以下のリリースを発表しています。

アン・ニューバーガー国家安全保障担当副補佐官の訪日に関するエミリー・ホーン国家安全保障会議報道官の声明 - 在日米国大使館と領事館
https://jp.usembassy.gov/ja/nsc-statement-dnsa-neubergers-travel-to-japan-ja/


しかし、機密情報源と方法を保護するため、ニューバーガー氏は「NSAがどうやって日本の防衛機密ネットワークに中国のハッカーがハッキングしたことを知り得たか」を説明できませんでした。そのため、なかなか日本からの不信感を拭うことができなかったそうですが、国家安全保障局長の秋葉剛男氏と協力し、サイバーセキュリティ基準をアメリカやその他諸国と合わせることを目的とした新たなサイバー戦略に取り組み始めたとのこと。その結果、日本はアメリカの監視下でネットワークセキュリティを強化し、5年でサイバーセキュリティ予算を10倍に増やし、サイバーセキュリティ部隊を従来の4倍にあたる4000人に増員すると発表しました。

元アメリカ政府高官は「私たちは長年、中国のスパイ活動を懸念してきました。中国は、アメリカやアジアの主要同盟国の重要なインフラを妨害し、機器や紛争における意志決定を形作るために利用できるサイバー攻撃力も拡大しています」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
中国ハッキンググループがアメリカ政府組織のメールボックスに不正アクセスしたと判明 - GIGAZINE

中国政府系ハッカー集団「ボルト・タイフーン」が重要インフラを標的としたスパイ活動をしているとMicrosoftが警告 - GIGAZINE

車のバッテリー状態を確認できるアプリが中国に位置情報を送信していたことが判明、アプリは10万回以上ダウンロードされ日本でも利用されている - GIGAZINE

習近平はどのように中国のハッカーをレベルアップしたのか? - GIGAZINE

ハッカーがTikTokから790GB分の個人情報とソースコードを盗んだと発表、TikTokはデータ侵害を否定 - GIGAZINE

in セキュリティ, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.