ハードウェア

Linuxを生み出したリーナス・トーバルズがIntelを厳しく批判、理由は「ECCメモリを死に至らせているから」

by renatomitra

Linuxの開発者のリーナス・トーバルズ氏が、技術コミュニティの「Real World Tech」内で「IntelはECCを死に至らせている」と発言し、IntelのECCに対する姿勢を厳しく批判しています。

Real World Technologies - Forums - Thread: Ryzen 9 5000 series processor
https://www.realworldtech.com/forum/?threadid=198497&curpostid=198647


Linus Torvalds On The Importance Of ECC RAM, Calls Out Intel's "Bad Policies" Over ECC - Phoronix
https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=Linus-Torvalds-ECC

コンピューターで利用されるDRAMは、電磁的影響により1ビットの値が反転してしまうことがあります。ECCメモリとは、そうした反転を訂正できる機能を追加したメモリのこと。ECCの機能を利用するためには、メモリだけでなくCPUやマザーボードもECCに対応している必要がありますが、IntelはECCへの対応をXeonシリーズなどのサーバー向けモデルに限定し、一般向けのモデルにはECC機能を提供していないのが現状。一般向けのハイエンドモデル「Core i7-10700K」も、ECCは非対応となっています。

インテル® Core™ i7-10700K プロセッサー (16M キャッシュ、最大 5.10GHz) 製品仕様
https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/199335/intel-core-i7-10700k-processor-16m-cache-up-to-5-10-ghz.html


トーバルズ氏はECCについて「非常に重要なものです」とした上で、IntelのECCへの姿勢を「Intelはとてつもなく悪い市場細分化を行うことで、ECC市場全体を死に至らせています」「IntelのECCに対する議論は、いつもまったくゴミ同然でした」と発言。長い間CPU市場を支配してきたIntelが「消費者はECCを必要としていない」というポリシーのもと、ECC対応モデルを限定してきたことを厳しく批判しています。

「何十年も説明できない奇妙なカーネルエラーに悩まされてきましたが、それらはおそらくメモリのエラーによるものです」とトーバルズ氏は推測しており、ECCがあれば回避できたエラーに遭遇し続けていることに腹を立てているとのこと。「現代のメモリは信頼性が高いので、ECCは必要ない」という意見を自身の経験から一蹴しています。

ECCによる製品差別化を図っているIntelに対し、AMDは非公式ながら、サーバー向けモデルのRyzen Threadripperだけでなく、一般向けのRyzen 5000シリーズでもECCを提供しているとのこと。Linux 5.10では、実際にRyzen 5000シリーズでECCが機能しているそうです。トーバルズ氏はECC市場に復調のきっかけを作ったAMDに感謝していると語っています。


「以前はECCは簡単に利用できるものでしたが、Intelのひどいポリシーによってつぶされてしまいました。DRAMの信頼性が向上したことでECCは不要になったという意見には、耳を傾けないでください」とトーバルズ氏。なお、トーバルズ氏は2019年5月に自身のメインマシンのCPUをAMD製に移行しています。

Linux生みの親リーナス・トーバルズが15年ぶりにメインマシンのCPUをIntelからAMDに変更 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Linux開発者リーナス・トーバルズ氏がNVIDIAに対し中指を突き立てFワード発言 - GIGAZINE

「M1チップ搭載Macが絶対欲しい」とLinuxの生みの親リーナス・トーバルズが絶賛 - GIGAZINE

ついに世界初のDDR5メモリの出荷が確定、2021年までに市場に登場する見込み - GIGAZINE

コンピューティングの進化を支えてきた「メモリ(RAM)」は今後どのように進化していくのか? - GIGAZINE

AMDのZen3 CPU「Ryzen 5000」シリーズは2020年11月5日登場、「世界最高のゲーミングCPU」とアピール - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.