レビュー

無料でKeePass上のアカウントから直接リモートデスクトップ接続を行える「KeePassRDP」レビュー


無料のパスワード管理ソフトウェア「KeePass」は、プラグインを導入することでGoogle Driveによるパスワード同期が可能になるなど、その機能を強化することができます。無料の「KeePassRDP」は、KeePassのアカウント情報を使ってリモートデスクトップへのアクセスを可能にするKeePass用プラグインです。

iSnackyCracky/KeePassRDP: KeePassRDP is a plugin for KeePass 2.x which adds multiple options to connect via RDP to the URL of an entry.
https://github.com/iSnackyCracky/KeePassRDP


リモートデスクトップとは、RDPVNCといった、リモートPCのデスクトップ画面をローカルPCの画面に表示するシステムのこと。リモートデスクトップ接続を行うためには「リモートPC側のユーザーIDとパスワード」が必要であり、一般的なリモートデスクトップクライアントでは、以下のような認証画面が表示されます。


KeePassRDPは、こうしたリモートデスクトップの認証にKeePass上のアカウントを利用できるプラグインです。KeePassRDPはGitHubにて配布されており、リリースページからZIPファイルでダウンロードすることができます。なお、記事作成時点での最新バージョンは1.12.0です。


ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「KeePassRDP.plgx」を取り出します。


取り出したファイルをKeePassのプラグインを格納するフォルダにコピー。KeePassのインストール先を変更していなければ、Windowsでは「C:\Program Files (x86)\KeePass Password Safe 2\Plugins」が対象のフォルダとなります。


ファイルをコピーしたらKeePassを起動し、「Tools」から「Plugins」をクリック。


「KeePassRDP」がプラグイン一覧に表示されていれば、インストールは完了です。


KeePassRDPを使ってリモートデスクトップ接続を行うため、まずはKeePassのウィンドウ上で右クリックし「Add Entry」から新しいエントリを追加します。


タイトルはエントリの名前、ユーザーネームとパスワードはリモートデスクトップ接続に使用するアカウントのもの、URLは接続先のIPアドレスとRDPのポート番号を指定します。入力が完了したら「OK」をクリックし、エントリを保存。


先ほど保存したエントリを右クリックし「KeePassRDP」から「Open RDP connection」をクリックすると……


Windowsの「リモート デスクトップ接続」が起動し、RDPによるリモートデスクトップ接続を行うことができました。アカウント認証には先ほど登録した情報が利用されるため、ユーザー名やパスワードを入力する手間が省けます。


また、KeePassRDPは管理者権限でのアクセスや、証明書の確認をスキップするオプションも存在しています。


KeePassRDPの各種設定は「Tools」の「KeePassRDP Options」から行えます。


「CredPicker options」では、KeePassのアカウント情報をリモートデスクトップ接続に引き渡す際の設定を行うことができます。


「Mstsc options」では、リモートデスクトップ接続に関する設定が可能。フルスクリーン表示をデフォルトにするといった設定を行えます。


「Credential options」は、証明書の有効期間に関する設定を行うことができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料&Google Drive経由でKeePassのパスワードを同期できるプラグイン「KeePass Google Drive Sync」レビュー - GIGAZINE

無料&自分でホストして全機能を利用できるオープンソースの高機能パスワードマネージャー「Psono」レビュー - GIGAZINE

無料で複数人のパスワード管理を自サーバー上でホストできる「Passbolt」、オープンソースで1PasswordやKeePassのデータインポートも可能 - GIGAZINE

無料でブラウザ上でも動作&クラウド同期も可能なKeePass互換パスワードマネージャー「KeeWeb」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.