取材

キャスト55人ほぼ勢ぞろいの収録で空気が薄くなったという「劇場版 ハイスクール・フリート」舞台挨拶レポート


TVアニメ・OVAに続いて2020年1月18日(土)から公開中の「劇場版 ハイスクール・フリート」公開2週目舞台挨拶が梅田ブルク7で行われ、岬明乃役・夏川椎菜さん、宗谷ましろ役・Lynnさん、立石志摩役・古木のぞみさん、西崎芽依役・種﨑敦美さん、納沙幸子役・黒瀬ゆうこさん、知床鈴役・久保ユリカさんの6人が登壇しました。

「劇場版 ハイスクール・フリート」公式サイト 2020年1月18日(土)公開!
https://www.hai-furi.com/

「劇場版 ハイスクール・フリート」の舞台挨拶は、公開初日の新宿バルト9での舞台挨拶を皮切りに、メンバーを入れ替えつつ8カ所・15回が実施済みで、これが9カ所目。


左から久保さん、黒瀬さん、種﨑さん、古木さん、Lynnさん、夏川さん。今回は作中の艦橋要員6人が勢ぞろいとなりました。


黒瀬さんとともに舞台挨拶皆勤の夏川さんは「みなさん、ヨーソロー」とあいさつした直後、名乗りよりも前に「大阪ならやってくれると思う」と主砲を斉射する“暴挙”。当然、お客さんたちはこの攻撃を受けて「うわー」と吹っ飛ばされるのでした。

その様子に「すごい!」と盛り上がるLynnさんと夏川さん


種﨑さんと古木さんは「メイタマ」コンビでショートコント2本を披露。「いつ打ち合わせしたの!?」と驚かれる一幕も。


この流れを受けるように「メイタマはコンビでしたが、私は一人でコンビ芸ができます」と、ココが作中でも見せる一人芝居をぶちかます黒瀬さん。


トリとなった久保さんは、奈良出身ということもあって、人気肉まん店のCMのような「はいふりがあるときー」で客席を狙い通りに操縦。


9カ所目の舞台挨拶で初めてキービジュアルに並んだ艦橋要員がそろったということで「やっとく?」と自キャラとポーズを合わせる古木さん、乗っかるLynnさん。


ビジュアルはこんな感じ。明乃は帽子があってこそのポーズなので、エアになってしまうのが残念。


トークの話題は、自然と多数のキャストが集まったアフレコのことへ。夏川さんによると、キャストだけで55人いる上に、劇場版ということでスタッフの方々も増えて、スタジオの床が抜けそうなぐらいだったとのこと。古木さんはその密度を「空気すらも薄かった」と表現していました。しかし、これだけ多数のキャストでありつつも、どうしてもスケジュールの都合が付かなかった人を除いてほぼほぼ勢ぞろいでの収録となったとのことで、臨場感のある掛け合いが録れたと語ってくれました。アフレコ時は毎回、みんなで用語の確認などを行うのですが、LynnさんによればTVシリーズを経て慣れたと思っていたら「まだまだだった」そうです。

黒瀬さんは「数字については言いたいことがある!」と主張。該当する数字はかなり根幹に関わる部分のもので、舞台挨拶が上映前に実施されたもので具体的にどういう数字なのかは伏せられましたが、TVシリーズと比べると「あれ?何か違うのでは?」という数字が出てくるとのこと。「もし気づいたら『はいふり検定』1級」とのことだったので、我こそはという人は、黒瀬さんのいう数字がいったいどれのことなのか、探してみてください。


なお、数字はみんな苦しめられたポイントのようで、夏川さんも「『20』が『にじゅう』のときもあるし、『フタマル』のときもある」とコメント。こういった数字や、「艦長」「面舵」「取舵」などの用語のイントネーションを確認するのが「『はいふり』の現場」っぽいと語りました。

自分が考える、これぞという見どころについて語るコーナーでは、「言葉にすると不要なネタバレをしてしまうことがある」ということで、それぞれが見どころだと思うシーンのジェスチャーを披露してくれました。未見の人にはいったいどういうシーンなのか伝わっていない恐れがありますが、文化祭と体育祭を足したようなイベント「競闘遊戯会」のパートでも、海戦のパートでも、それぞれに見どころは十分なので、「6人がどのシーンを推していたのか」を確認するために見るのもアリ。


フォトセッションでは「ヨーソロー」なポーズを決めてくれました。


一言メッセージのコーナーでは、種﨑さんと古木さんがイヤリングとネイルをおそろいにしてきたことが明かされ……


最後までメイタマとしてイチャイチャする姿が見られました。


「劇場版 ハイスクール・フリート」は絶賛公開中。2週目来場者特典として、1月25日(土)から阿部かなりさん描き下ろしの劇場版前日譚マンガ「映画 はいふり EX1」が配布中です。

「劇場版 ハイスクール・フリート」本予告 - YouTube

© AAS/新海上安全整備局






この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
熱気あふれる現場で熱量の詰め込まれた作品が生まれている「映像研には手を出すな!」試写会&会見レポート - GIGAZINE

堺雅人に「こんなにクレイジーなアニメだったんですね」と言わしめた映画「プロメア」舞台挨拶レポート - GIGAZINE

ニュータイプアニメアワード2018-2019結果発表、作品賞は「プロメア」&「鬼滅の刃」で各部門結果はこんな感じ - GIGAZINE

2019年のアニメ雑誌の表紙はどんな作品に彩られたのか、ニュータイプ&アニメージュ&アニメディア年間表紙まとめ - GIGAZINE

in 取材,   動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.