サイエンス

世界で270兆円もの被害を与える船のサビを解決する防食性を99%まで高める自然素材とは?

By Magdalena Smolnicka

海水に含まれる塩分による腐食の被害額は、船舶だけでも270兆円にも上ります。そんな腐食を99%抑制する上に人体に無害な化合物が「マンゴーの葉」から抽出されました。

Anticorrosive Performance of Mangifera indica L. Leaf Extract-Based Hybrid Coating on Steel | ACS Omega
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsomega.9b00632

Mango leaf extract can stop ships from rusting - SciDev.Net South-East Asia & Pacific
https://www.scidev.net/asia-pacific/r-d/news/mango-leaf-extract-can-stop-ships-from-rusting.html

マンゴーの葉から腐食を抑制する化合物を発見したのは、インドのティルバナンタプーラム科学技術国立研究所に勤めるニシャンス・ゴパラン氏率いる研究チーム。ゴパラン氏によると、過去数十年で腐食防止剤の原料として「植物」に対する注目が高まっていることから、抗酸化成分を有するポリフェノールを豊富に含むマンゴーの葉を研究の対象にしたとのこと。

By annapustynnikova

研究チームは乾燥したマンゴーの葉からエキスを抽出、沈殿式非晶質シリカに配合して化合物を生成。出来上がった化合物をコーティング用エポキシ樹脂に混ぜ合わせると、防食性が99%にまで高まるとのこと。


この化合物はマンゴーの葉の抽出物を主成分として使用することから、人体に対して無害で環境にも優しいそうです。ゴパラン氏は、この化合物の防食性は有機金属化合物であるポリフェノール鉄錯体によるものだと説明しています。

防食性の検証と化合物の生成はいまだ実験室レベルにとどまっていますが、国際防蝕技術者協会(NACE)は、船舶における腐食の被害総額は世界全体で年間270兆円に上ると発表しており、新たな腐食防止策が発見されれば世界全体にとっての利益となり得るとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
需要低下にあえぐタバコ農家に活路、殺虫剤としてのタバコの有用性が注目される - GIGAZINE

アヘン・ヘロイン・モルヒネをパンやビールのように酵母菌から作ることが可能に - GIGAZINE

バナナの皮の意外な再利用法、重金属で汚染された水の浄水に使えることが明らかに - GIGAZINE

「海綿から発見された物質」由来の新しい抗がん剤の全合成に日本人研究グループが成功 - GIGAZINE

野菜の糖を食べるバクテリアでわかった「良い」バクテリアが腸内健康を促進するメカニズム - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.