取材

超絶クオリティのエヴァ初号機がズタボロの使徒を引きずっているジオラマ作品


2019年7月28日から開催されているワンダーフェスティバル 2019[夏]の会場に、ひときわ目を引く超絶クオリティのエヴァ初号機が登場していたので、さっそくじっくりと見てみました。

プライム1スタジオ オンラインストア
https://www.prime1studio.co.jp/

【イベント情報】ティーザー告知をしていた「初号機 by ジョシュ・ニジー」!! #エヴァンゲリオン #Evangelion #エヴァ #プライム1スタジオ #prime1studio pic.twitter.com/yMxHsXWO6E

— プライム1スタジオ (@Prime1Studio)


プライム1スタジオのブースに到着。


これが今回登場したエヴァ初号機です。


右に回り込んで見てみるとこんな感じ。


細かいディティールもさることながら、丁寧なウェザリングにより装甲の縁などにこびりついた戦塵がしっかりと再現されています。


足元には第3新東京市の発電所の残骸や、墜落したVTOLなどがあります。


そして、エヴァ初号機が左手で引きずっているのが、激しく損傷した第4の使徒の半身です。テレビアニメ版では第3使徒「サキエル」として登場し、初出撃のエヴァ初号機と激戦を繰り広げました。


右手ではプログレッシブ・ナイフと思われる武器の刃が鈍い光を放っています。


使徒の腕が建物をつかんでおり、雌雄が決した後も戦いが完全には終わっていないことを予感させていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年公開、映画館での特報上映開始 - GIGAZINE

エヴァの最新ニュースや過去作品情報・映像などを一覧できる初の公式アプリ「EVA-EXTRA」登場 - GIGAZINE

小島秀夫監督最新作「デス・ストランディング」のノーマン・リーダス演じるサムがゲームより一足先に立体化 - GIGAZINE

TVアニメ化が決定した「ノー・ガンズ・ライフ」から異質なリボルバー頭の主人公・乾十三の胸像が登場、ハードボイルド&サイバーパンクな雰囲気ムンムン - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.