ネットサービス

Facebookは電話番号と顔認証機能の扱いでユーザーを欺いていたと連邦取引委員会が判断

by Alex Haney

Facebookのプライバシー問題については2019年2月から連邦取引員会(FTC)による調査が行われていましたが、6カ月にわたる調査の結果、「Facebookは電話番号と顔認証機能でユーザーを誤解させていた」とみなされ、50億ドル(約5400億円)の制裁金が科されることが関係者筋の情報から明らかになりました。

Facebook deceived users about the way it used phone numbers, facial recognition, FTC to allege in complaint - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/technology/2019/07/23/facebook-deceived-users-about-way-it-used-phone-numbers-facial-recognition-ftc-allege-complaint/


2018年にコンサルティング企業のケンブリッジ・アナリティカがFacebookユーザーの5000万人の個人情報を不正利用していたことが発覚して以来、Facebookに対する行政監督の目は強くなっていました。一連の結果として、連邦取引委員会がFacebookのプライバシー問題について続けていた調査は、Facebookに50億ドル(約5400億円)の制裁金を科すことで決着する見込みだと報じられています。そしてこの件に関して、FTCは「Facebookは電話番号の扱いについてユーザーを誤解させている」と考えていることが、関係者筋の情報から明らかになりました。

情報によると、問題となっているのはFacebookが実装する二段階認証。この二段階認証はテキストメッセージを使ってユーザーにワンタイムパスワードを要求するものですが、二段階認証のプロセスの中でユーザーがアップロードした電話番号を使って、ユーザーの承認を得ずに、広告のターゲットにしている広告主が存在するとのこと。広告主に対してこのような行動を許可した点が問題とされているわけです。

by Tim Bennett

また、写真のタグ機能を無効にする方法について、Facebookからユーザーへの情報提供が不十分だった点についてもFTCは主張する予定だと関係者筋は述べています。Facebookの顔認証機能の問題点については、2019年5月に消費者団体のコンシューマー・レポートが指摘しました

FTCの申立書と和解合意書の内容は現地時間の2019年7月24日に発表される見込みとなっていますが、Facebookは和解に関してFTCの主張を認める必要はなく、問題とされる企業慣習の変更を行うことで足りるとのこと。


情報筋は、FTCからFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOに対する質問は行われていないと述べています。FTC、Facebook側からのコメントの発表は記事作成時点では行われていません。

なお、ウォール・ストリート・ジャーナルは、約5400億円の制裁金は当初の見込みよりも少ないものだと述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Facebookが「盗聴しているのでは?」と思える精度でユーザーの行動を追跡できるのはなぜなのか? - GIGAZINE

Facebookは「脅威になる」と判断したユーザーの居場所を追跡している - GIGAZINE

ポルノサイトの閲覧履歴がGoogleやFacebookに追跡されている可能性があると専門家が警告 - GIGAZINE

Facebookはユーザーの意図しない形で電話番号を悪用している - GIGAZINE

GoogleやFacebookではユーザーを意図的に企業が有利な方向へ誘導する「ダークパターン」がどのように使われているのか? - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.