サイエンス

富士山の標高に近い落差を持つ「世界最大の滝」がほとんど知られていない理由とは?

By salajean

「世界最大の滝」といえば、979mという世界最大の落差を持つ南アメリカ大陸北部のギアナ高地にある「エンジェルフォール」や、約4kmという世界最大の幅を持つアルゼンチンとブラジルの間にまたがる「イグアスの滝」などが知られています。しかし、「真の世界最大の滝」は海の底にあり、その大きさもケタ違いだとアメリカ海洋大気庁が発表しています。

Where is Earth’s Largest Waterfall?
https://oceanservice.noaa.gov/facts/largest-waterfall.html

この滝は、そのてっぺんでさえ海面から2000フィート(約610m)も深い位置にあります。その落差は約1万1500フィート(約3.5km)と推定されており、エンジェルフォール(976m)の約3.6倍、富士山の標高(3776m)に近い落差を誇ります。


人々が普段目にする滝は、重力によって水が落下してできるものです。一方で海中の滝は、水の温度の差によって生じるものだとアメリカ海洋大気庁は述べています。冷たい海水は暖かい海水に比べて密度が高く重いため、冷たい海水は海の底側に流れ落ちていきます。北側から流れ込む冷たい海水と南側から流れ込む暖かい水が出会い、 下向きの水流が生み出されることで、毎秒3500万立方メートルをはるかに超える量の水が下向きに押し出され、「滝」となっているとのこと。

この真の世界最大の滝はアイスランドとグリーンランドの間にあるデンマーク海峡に位置しており、人々の目に触れることはないそうです。


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2000兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告 - GIGAZINE

太陽系にある全惑星と1万8000個の小惑星で地図を作るとこんな感じ - GIGAZINE

ドローンが絶滅したと思われていた花を前人未踏の地で発見、史上初の出来事と専門家 - GIGAZINE

氷河が例年ではありえない時期に溶け出し美しい「池」ができている様子をNASAの研究者が撮影 - GIGAZINE

触れるだけで惑星が崩壊するといわれる「宇宙で最も危険な物質」とは? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.