ネットサービス

Googleストリートビュー上をひたすらうろつき続ける様子を見られる「Street View Random Walker」

by Roo Reynolds

自分で操作する必要はなく、ただGoogleストリートビューをさまよい続けるだけというサイトが登場しました。意図しない方向に曲がって、気付けば見知らぬ場所に連れていかれたりすることもあります。


Street View Random Walker
https://whispering-inlet-27072.herokuapp.com/

サービスを作ったのは東信伍さん。サイトにアクセスすると、ランダムにGoogleストリートビューを移動中のマーカーのいずれかの視点が表示されます。視界を動かすことは可能ですが、約3~4秒で一歩進み、そのたびに視界はリセットされます。この事例では埼玉県さいたま市岩槻区増長付近の千葉県道・埼玉県道80号野田岩槻線を東進中。


実際にGoogleストリートビューで見るとこのあたり。


東へ進むと分岐が見えてきて……


マーカーはこの分岐を左折。自分で操作していたら決して選ばなかったであろう道へと入っていきました。


これはまた別の事例。東京都中野区を南北に走る環七通りの大和陸橋の側道が表示されました。マーカーはGoogleストリートビューカーが撮影した順番に移動するわけではないので、一方通行を逆走することもあります。


ストリートビューで見るとこのあたり。


一方通行は南行きですが、マーカーは道を北上。白バイによる取り締まりの様子が登場しました。


さらに北へ進むと大和陸橋交差点へ到達。


ストリートビューがつながっていればどこまでも移動してくれるようで、船で移動しているケースも報告されています。


なお、GoogleのAPIを使用しているため、サービスを維持するためには有志からのサポートが必要だとのこと。支援はフレンドファンディングアプリ・polcaで可能です。

Googleストリートビューで永遠にさまよいたいのですがAPI使用料が無料枠を突き抜けて終了しそうです。特に役に立たないしお金にもならないサービスを維持するために大富豪のサポートをお待ちしています。 - polca(ポルカ)
https://polca.jp/projects/0RXdLjRiRnQ


1500円の支援で、1000人がGoogleストリートビューをさまよえるとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleストリートビューで6万5000年前の人類が刻んだ壁画を見ることができる - GIGAZINE

皆既日食が起こった瞬間をGoogleストリートビューカーが撮影、その様子をGoogleマップで見ることができる - GIGAZINE

Googleストリートビューがついに宇宙に進出、自宅から国際宇宙ステーション(ISS)を探索可能に - GIGAZINE

Googleストリートビューが10周年、すさまじい進歩を写真で振り返るとこうなる - GIGAZINE

Googleストリートビューカーに偽装している警察の監視用自動車の存在が発覚 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.