乗り物

「2020年に完全自動運転車100万台によるロボットタクシー事業を展開する」とイーロン・マスクCEOが豪語

by mariordo59

2019年度第1四半期の決算発表の2日前となる2019年4月22日、テスラは自動運転技術を投資家に説明するイベントを開催しました。その中でテスラは、自社開発のAIチップを搭載した自動運転車用ハードウェアの出荷が始まったことを公表。また、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は2020年に完全自動運転車によるロボットタクシーを100万台以上稼働させる事業計画を発表しました。

Tesla’s new self-driving chip is here, and this is your best look yet - The Verge
https://www.theverge.com/2019/4/22/18511594/tesla-new-self-driving-chip-is-here-and-this-is-your-best-look-yet


Tesla’s Elon Musk unveils Robotaxi concept for self-driving rideshare cars – GeekWire
https://www.geekwire.com/2019/tesla-elon-musk-robotaxi/

Tesla Robo Taxis: How Elon Musk Says They Will Work -- and When | Inverse
https://www.inverse.com/article/55144-tesla-network-self-driving-robo-taxi-elon-musk-autonomy-day


開催されたイベントは以下のムービーですべて見ることができます。

Tesla Autonomy Day - YouTube


テスラはこれまでNVIDIA製の自動運転システムを採用していましたが、2018年に独自のAIチップを自社開発していることを明らかにしました。このAIチップはNVIDIA製のシステムを10倍上回る処理能力を持つと豪語しました。

テスラが自社で自動運転用のAIチップを開発、NVIDIAシステムの10倍の性能とマスクCEOは豪語 - GIGAZINE


2019年4月22日に開催されたイベントの中で、テスラは「モデルSとモデルXに搭載する新しい完全自動運転用のAIチップを1カ月前から出荷していて、低価格帯モデルであるモデル3にも搭載し始めている」と明らかにしました。


マスク氏によると、テスラ製のAIチップは1秒間に36兆回の演算が可能となっていて、NVIDIA製のAIチップの21倍の性能があるとのこと。また、テスラ製のハードウェアにはチップを2つ搭載しているため、1つのチップに何か問題が生じてももう1つのチップで対応できる冗長性も持ち合わせているそうです。


マスク氏はさらに、完全自動運転車による「Robotaxi」ビジネスを計画していることを明かし、「2020年の半ばまでに、誰も注意する必要がないと考えるレベルの信頼性で完全な自動運転ハードウェアを備えたテスラ車を100万台以上生産します」と語りました。


このロボットタクシーサービスは、リース契約のテスラ車を、所有者が使っていない間に完全自動運転のロボットタクシーとして動作させ、配車サービスのUberと同じように、スマートフォンのアプリを使って呼びつけて利用するものとなるそうです。稼いだ運賃の25~30%はテスラに支払われ、残りの運賃は所有者に支払われるとのこと。

テスラの見積もりによると、1マイル(約1.6km)当たり0.65セント(約70円)を稼ぐことができ、ロボットタクシーが1年間に9万マイル(約14万4000km)を走ればおよそ3万ドル(約330万円)を稼ぐことができるとのこと。マスク氏は「テスラ車を1年間ロボットタクシーとして運用すればModel3を丸々1台買えるだけの価格が稼げる」と豪語。また、マスク氏は、万が一このロボットタクシーによって事故が起こった場合、リース契約した所有者ではなくテスラがすべての責任を負うことを明言しました。


このシステムにはモデル3、モデルS、モデルXのリースプランで参加できるようになりますが、契約満了後の車は所有者に譲渡されず、テスラに返却される必要があるそうです。そして、規制とスケジュールの兼ね合いから、このロボットタクシービジネス実現がずれこんでしまう可能性があるとマスク氏は付け加えています。また、都市部での自動走行は自動車のバッテリーの電力を多く消費する問題もあり、燃費はまだ改善の余地があるとマスク氏は述べました。

マスク氏が大きな構想を語る一方で、ウォール街のアナリストは懐疑的な視線を送っている模様。投資家への説明イベントがあった4月22日に、テスラの株価は4%近く下落しました。

Tesla Inc (TSLA.O) | 株価・企業情報・為替 チャート | ロイター
https://jp.reuters.com/investing/stocks/chart/TSLA.O

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
約390万円のテスラ「モデル3」スタンダードモデルがネット限定で受注開始、完全自動運転も復活 - GIGAZINE

テスラが安全性レポートを公開、オートパイロットは事故発生の割合を70%以上も軽減する - GIGAZINE

テスラが自社で自動運転用のAIチップを開発、NVIDIAシステムの10倍の性能とマスクCEOは豪語 - GIGAZINE

「完全自動運転カーは8月に登場」とテスラのイーロン・マスクが発言 - GIGAZINE

テスラがハッキングを防ぐ「セキュリティコード」をオープンソース化して他メーカーに公開の方針、デファクトスタンダード狙いか - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.