乗り物

テスラが「モデル3」と「モデルY」からレーダーを排除、運転支援機能にカメラを用いる方針を打ち出す


電気自動車メーカーのテスラが2021年5月25日、「北米市場向けに製造された『モデル3』『モデルY』からレーダーセンサーを排除する」と発表しました。この決定に伴い、2021年5月に納車される北米市場向け「モデル3」「モデルY」は、オートパイロット完全自動運転(FSD)といった運転支援機能にカメラ映像を用いるとのことです。

Transitioning to Tesla Vision | Tesla
https://www.tesla.com/support/transitioning-tesla-vision

Tesla ditching radar for Autopilot in Model 3, Model Y
https://www.cnbc.com/2021/05/25/tesla-ditching-radar-for-autopilot-in-model-3-model-y.html

Tesla is already shipping cars without radar sensors - The Verge
https://www.theverge.com/2021/5/25/22453518/tesla-vision-radar-autopilot-model-3-y-fsd

テスラは5月25日に投稿した「テスラビジョンへの移行」というブログ記事の中で、「私たちはカメラベースの自動運転システムであるテスラビジョンへの移行を継続しています。2021年5月の納車を始めとして、北米市場向けに製造されたモデル3およびモデルYにはレーダーが装備されなくなります」と明かしました。


新たなモデル3・モデルYでは、運転支援機能にレーダーが使用できなくなる代わりにカメラの映像とニューラルネットワークによる処理が使用されます。2021年5月より前に対象車両を注文した顧客には、納車前にテスラアカウントを通じてレーダーの排除およびカメラへの移行について通知するとしています。

なお、テスラビジョンに移行した車両は一部の機能がしばらく制限されるとのことで、車線を感知して適切な経路で操縦する「Autosteer(自動操縦)」の最高速度が75マイル(120km)に制限されるほか、最小車間距離が通常よりも長くなるそうです。また、駐車場などで車両を自分の位置まで呼び出す「Smart Summon」や、走行中の車線逸脱防止機能については、出荷時に無効になる場合があるとのこと。テスラは今後数週間で、ソフトウェアアップデートを通じてこれらの機能を復元するとしています。


テスラビジョンへの移行が発表されたのは北米向けに製造されたモデル3とモデルYのみであり、北米以外の市場向けに製造された車両や、「モデルS」および「モデルX」は引き続きレーダーセンサーを搭載した状態で納車されます。

北米向けのモデル3とモデルYのみテスラビジョンへの完全移行を行った理由について、テスラは「モデル3とモデルYは当社の大量生産車両です。これらの最初にテスラビジョンへ移行すると、大量の実世界データが短時間で分析可能となり、最終的にテスラビジョンに基づく機能の展開がスピードアップします」と説明しています。

多くの自動運転車メーカーはカメラとレーダーを併用してセンサーの冗長性を確保していますが、以前からテスラのイーロン・マスクCEOはレーダーやLIDARは高価過ぎて使いにくく、自動運転車には必要ないと主張しており、2021年3月にはFSDベータ版のリリースに関連して、「次の重要なFSDのリリースは4月の予定です。レーダーを使わず、純粋なカメラビジョンのみで進むことが、現実的なAIへ進む道だと思います」と述べていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
イーロン・マスクの「2021年中に人間を超える信頼性の自動運転が実現する」という発言をテスラ社員が否定 - GIGAZINE

テスラが完全自動運転のベータ版をリリース - GIGAZINE

WaymoのCEOが「テスラが完全な自動運転車を生み出すことはないだろう」と発言 - GIGAZINE

テスラ車は不可能であるはずの「完全無人運転」が簡単にできてしまうと判明 - GIGAZINE

テスラ・モデル3の車内にあるカメラが「ドライバーの行動」を検出しようと試みていると明らかに - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.