デザイン

コンピューターで「美しさ」と「可能な限りの複雑さ」を兼ね備えた迷路を生成するとこんな感じ、ダウンロードも可能


「美しさ」と「複雑さ」を兼ね備えた迷路をコンピューターで生成した「Maze Design」を、カナダ・ウォータールー大学のコンピューターグラフィックスラボに所属するCraig S. Kaplan氏が公開しています。「できる限り複雑」かつ「美しい」迷路の数々となっています。

Maze Design
http://www.cgl.uwaterloo.ca/csk/projects/mazes/

迷路の複雑さは「迷路を目でたどって解くのか」「ペンを使うのか」「実際に迷路の中に入るのか」といった人間の見方にも左右されますが、数学的な物差しで測ることも可能。そこで、Kaplan氏は「人を引きつけること」と「数学的な複雑さ」の両立を目指してコンピューター科学に基づき迷路を作成しました。Kaplan氏の迷路は現実世界のオブジェクトを反映した、幾何学的な美しさを持つものとなっています。


Kaplan氏が作成した迷路は以下の通り。

◆1:ドット(4×4)
黒い点から点までをつなげるもの。大きいサイズの迷路はPDFファイルでここからダウンロード可能です。


◆2:多面体
SからEまでをつなげる多面体の迷路。大きいバージョンは(PDF)ここからダウンロードできます。


◆3:立方体
立方体を重ねた状態の(PDFファイル)迷路。これもSからEまでをつなげます。


また、以下はKaplan氏が開発した「写真から迷路を作るシステム」を利用したもの。これはアーティストのChristopher Berg氏にインスピレーションを受けたもので、人間のデザイナーが手動で画像をパーツごとに分割。そのパーツにSmall setのスタイルパラメータを割り当て、答えとなるおおまかな経路をスケッチ。その後システムはデザイナーの選択を考慮した迷路を作り出すそうです。

◆4:カタツムリ
左側のカタツムリの赤いドットから、右側のカタツムリの赤いドットをつなげる迷路。これはPDFファイルが公開されていないので、画像リンク先のPNG画像を右クリックでダウンロードすればOK。


◆5:城壁
大きいサイズの迷路は(PDFファイル)ここからダウンロード可能です。


◆6:ミノタウロス
ミノタウロスも大きめサイズがPNGファイルで公開されています。以下の画像を「クリック」→「右クリック」→「画像の保存」でOK。


◆7:リンカーン
一体どこから開始すればいいのかさえわからないリンカーン。同上の方法でPNG画像が保存できます。


◆8:スフィンクス
立体感のあるスフィンクス。これも画像クリック先からPNGファイルがダウンロード可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料で自動生成された迷路を使ってオンライン早解き勝負ができる「MazeBattles.com」 - GIGAZINE

ひたすら手作りの迷路を更新しまくり数百個の迷路をいつでも無料で楽しめるサイト「迷路.jp」 - GIGAZINE

「無限に都市が生成されるアルゴリズム」で生成された都市を自由に歩き回ってみた - GIGAZINE

探索アルゴリズムを視覚的に楽しむ「迷路で眺める探索アルゴリズム」 - GIGAZINE

ネズミvsコンピューターvsサイボーグネズミで迷路対決を行った結果は? - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.