メモ

Appleが190人の従業員を解雇、自動運転車開発プロジェクト「Titan」に影響か


Appleが、カリフォルニア州サンタクララサニーベールの従業員190人を解雇(レイオフ)すると発表しました。レイオフの対象となった従業員の大部分が技術職で、Appleの自動運転車開発プロジェクト「Titan(タイタン)」の人員整理に関連している可能性が報じられています。

Apple self-driving car layoffs hit 190 employees in Santa Clara, Sunnyvale - SFChronicle.com
https://www.sfchronicle.com/business/article/Apple-self-driving-car-layoffs-hit-190-employees-13649994.php


Apple confirms Project Titan layoffs in new filing, engineering positions most affected - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/02/27/apple-self-driving-layoffs-engineers/


2019年2月のカリフォルニア州雇用開発局への書類によると、今回のレイオフの対象になった190人のうち、エンジニアリングプログラムマネージャーが38人、ハードウェアエンジニアが33人、製品設計エンジニアが31人、ソフトウェアエンジニアが22人含まれていて、2019年4月16日に正式に発効するそうです。


サンタクララとサニーベールは、Apple本社があるクパチーノのすぐ近くにある都市で、Appleは自動運転部門を設立した年にこの2都市へ進出しています。そのため、サンタクララとサニーベールのオフィスが中心となってAppleのTitanプロジェクトを進めているといわれていました。

2019年1月、AppleはTitanに関わる200人以上のスタッフをレイオフしたと報じられています。AppleはCNBCの取材に対して大規模な人員削減を認めた上で、このレイオフはあくまでも配置転換の一環であると答えていました。

Appleが自動運転カー「Titan」プロジェクトで200人以上を削減、しかし開発自体は続行中と回答 - GIGAZINE


Appleは2019年1月、CNBCの取材に対して「自律走行システムとそれに関連する技術に取り組む素晴らしい才能のあるチーム」を抱えていると語っています。実際に9to5Macによると、Titanプロジェクトの進行はカリフォルニア州自動車局のデータから示されていたとのこと。記録によれば、2017年11月31日から2018年12月1日までの間に、カリフォルニアで7万9745マイル(約12万8000km)もの走行テストを行っていたことが明らかになっています。

今回のレイオフがTitanプロジェクトの進行へどれだけ影響を与えるのかは明らかになっておらず、Appleも公式にコメントを発表していません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが自動運転カー「Titan」プロジェクトで200人以上を削減、しかし開発自体は続行中と回答 - GIGAZINE

Appleは自動運転カー開発計画「Titan」にiPhoneでの認証と支払いを組み込むかもしれない - GIGAZINE

元Apple社員が自動運転カー開発プロジェクトから極秘情報を盗み出したとして逮捕される - GIGAZINE

NASAの元エンジニアの人気YouTuberがAppleで自動運転カー向けVRを開発していると報じられる - GIGAZINE

Appleがドライバーの意図をくみとって駐停車できる自動運転カー技術の特許を出願 - GIGAZINE

in メモ,   乗り物, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.